裏庭に飛来する野鳥

この冬から春にかけて、

裏庭に飛来する・飛来した野鳥。
(画像は「神戸市立自然の家HP」「野鳥図鑑等HP」等より引用させていただきました)

メジロ・・年初の寒い時期からエサを求めて飛来、警戒心薄く果物(柿・みかん)を好んで啄んでいた。

f0079343_09071251.jpg

ウグイス・・メジロより遅い時期に数回のみ飛来。

f0079343_09074887.jpg


シロハラ・・メジロと同時期に飛来、おっとりとした性格で可愛いらしい、一日の大半を庭に滞在、春を間近に姿を消し北へ(中国・ロシアへ?)。一番好みの野鳥である。

f0079343_09081909.jpg


ヒヨドリ・・シロハラより少し後に飛来して、庭の頂点に君臨、キーキーと五月蝿い鳴き声!他の鳥(シロハラ・メジロ)を追い散らすキツイ性格、そのくせ一番臆病。

f0079343_09084912.jpg


スズメ・・春の到来と共にまたまた庭に大挙飛来、近所迷惑なくらいの鳴き声。

f0079343_09091866.jpg


クロツグミ?・・桜の散った後頃に飛来、まだ僅か三回のみの飛来、鳥名は不確か、シロハラに似た性格。

f0079343_09094324.jpg


アカハラ?・・クロツグミと同時期に一回のみ飛来、鳥名は不確か。

f0079343_09100436.jpg


アカハラ?・・実際に観察した感じは下記の画像のような鳥だった。

f0079343_09103263.jpg





[PR]

# by Sammy1947 | 2018-04-20 09:10 | ツレヅレ | Comments(0)  

山椒が難しい

木の丈が、

1m20cm位に育っていた山椒の木があった。

それが突然枯れてしまった。

三年前のことである。

去年、宝塚の山本の植物店で二本の苗木を買い、菜園に植え付けた。

大きくもならずに何ヶ月かはもったが、最終的には溶けて消えたかのように失くなってしまった。

ネットで調べると、多くの人が投稿している。

「山椒を育てるのは難しい」・・・と。

再挑戦ということで、この春にキュウリと共に一本の苗木を購入した。

植え付けた場所は、前の山椒の木があったところ、ここも一応素人の土壌改良を施しておいた。

今度こそすくすくと育っていって欲しいものである。
f0079343_10243352.jpg





[PR]

# by Sammy1947 | 2018-04-18 10:25 | 初歩の菜園 | Comments(0)  

今年もミニ菜園スタート!

例年より

二週間以上も早く、ミニ菜園にキュウリの苗を四つ植え付けた。

冬の寒い時期から、土を素人改善してきた。

苦土石灰(これはまだ雪が降っている時期に)、

油かす・腐葉土(これはここ数週間に)。

見た目、中々の土に仕上がったと満足。

本当にこれでキュウリが育つかどうかは実が成ってからのお楽しみ。

また糖尿と真剣に付き合って丸一年になろうとしている。

栄養指導を受けながら食事改善・運動等を比較的真面目にこなしてきている。

自分の作ったキュウリをその一助に食せることが楽しみの一つとなり、キュウリの生育に力が入っている。
f0079343_09450494.jpg
f0079343_09451923.jpg




[PR]

# by Sammy1947 | 2018-04-18 09:45 | 初歩の菜園 | Comments(0)  

連日氷点下!

昨日、今日と

ここ神戸でも連日氷点下です。

厳しい冷え込みです。

裏庭で見つけた氷柱・ツララです。
f0079343_07441561.jpg
f0079343_07443912.jpg





[PR]

# by Sammy1947 | 2018-01-26 07:45 | ツレヅレ | Comments(0)  

ウォーキング

糖尿から抜け出すため

この春5月から、

ウォーキングに精を出している。

初夏・・・盛夏・・・秋

・・・と、季節は移ってきた。

半年余りの合計歩数は、80万歩を超えた。

ウォーキングのコースも三つくらいある。

その内の一つが坂を上り山の中腹にある「丸山公園」を目指すこと。

身体に負荷を掛けるのには一番のコース。

登りきれば一周550歩くらいのグラウンドがある。

今日も行ってきた。

深緑の季節からすっかりと様変わりしてきている。

このコースで秋を経験するのは初めてで、楽しみである。
f0079343_13192414.jpg


[PR]

# by Sammy1947 | 2017-11-11 13:20 | ウォーク | Comments(0)  

セパレートへ

audioの師匠から勧められていたこと。

アンプは、プリメインアンプからセパレート型のアンプに変えた方が面白いヨ!

結線等に手間が掛かるのがイヤということ、また覚えなければならないことが増えるということで、イマイチ踏み出せなかった。

段取りは進められていて、ヨーロッパ系のオーディオメーカーの出物が揃い、思い切ってやってみることになった。
f0079343_06530891.jpg
ラック下段で、定位置となっていたsansuiのプリメインアンプを取り外して、その後にセパレート型アンプをセットアップした。

一番下が「プリアンプ(コントロールアンプ)」、その上が「パワーアンプ」。

色々と細分化されてくると、それに伴い面白さが増すのも、audioの楽しみの一つかも知れない。




[PR]

# by Sammy1947 | 2017-09-13 06:57 | オーディオ | Comments(0)  

NOVE+Fellow

6月下旬の練習。

NOVE+Fellowで7月の本番が待ってます。
f0079343_06464227.jpg

[PR]

# by Sammy1947 | 2017-07-01 06:46 | 合奏団いろいろ | Comments(0)  

演奏の相性

人と人との相性と同じように、

音楽にも演奏の相性って、ある。

「人」対「人」の相性も難しいものであるが、

「演奏」対「演奏」の相性を探る方がより難しいと思っている。

何故なら「人」は多数いるが、「演奏」となれば限られてしまうから。

「人」に関してはさておき、

「演奏」の相性って?

演奏レベルが同等かそれに近いものであること、
それは神業のレベルから裾に位置している者まで、全てのレベルに相性はある。

同じリズム感を持っている者、

同じテンポ感を有している者、

演奏解釈に理解し合える者、

好む演奏ジャンルを共有できる者、

住居が比較的近い者、

練習時間を合わせられる者、

他にも色々とあるだろうが、上述の「演奏相性」を持った者がみつかれば、

極端な言い方をすれば「性格」の相性なんて問題にならない。

二人が求めている演奏が似ているので楽しみを分かちあうことができる。

とにかく楽しいのである。

始めの一歩から回数を重ねて牛歩ながら熟成の道を辿っていく。


そういう意味でその「相棒」と出会うのは、僕らの環境では奇跡に近いものと思う。

そのような「相棒」と出会えた方々にエールを贈りたい。

どうぞこれからも楽しんでいってください・・・と。

同じように僕の「相棒」にも心からエールを贈ります。




[PR]

# by Sammy1947 | 2017-02-22 09:06 | 音楽 | Comments(0)  

今日は新年会

今日は新年会。

開始の17時に向けて、大阪本町へ。

「河豚のフルコース」。

「ヒレ酒飲み放題」!

年一回の集まりも今年で20回目を数える。

メンバー皆、歳をとった。

ボクの退職した年の送別会からスタートした「ハゲグリ会」。

一番参加人数の多い年で13・4名、

今年は7名だった(男6・女1)。

今ではその会社に勤めている者は誰も居ず、さしずめOBの会である。

それでも会社の現在の状況は、それぞれの持ち寄った情報で大体が見えてくる。

相当厳しい状況に追い込まれているようだ。

そういう暗い面はさて置いて、そもそも気楽な仲間の集まりであるからトコトン楽しい2時間余りを過ごしてきた。

ご多分にもれず、健康面の話題・親の話題に片寄るのは致し方ないか。

記念演奏会のチラシとチケットを配り、また記念CDコピー版もプレゼントしてきた。

また来年の集まりが待ち遠しいものだ。

今月末にはまた違った会の新年会が予定されている。

この新年会をもって2017年の新年会スケジュールは完了となる。




[PR]

# by Sammy1947 | 2017-02-17 23:33 | ツレヅレ | Comments(0)  

市 栗43

先週2/10(金)に43回目の「市栗」練習をした。

「市」が忙しく当日は14時過ぎに到着、17時過ぎまで正味2時間強の練習であった。

3/26にオファーを頂いている施設の「卒室式」にどのような演奏をしようかと二人で話し合った。

卒室の子供たちの入場時の演奏には何がいいかな?

本番には何をやろうか?

皆で歌える曲どんなのがいいかな?・・・等々。

まぁいずれにしても、現在練習している曲をメインに持っていくことは間違いない。

そのようなことでこの日の練習も現在練習している三つのジャンルの曲に専念した。

次回2/24の練習では、この「卒室式」に関しての練習になる。






[PR]

# by Sammy1947 | 2017-02-14 11:16 | 音楽 | Comments(0)