【KGMC 90th Anniv.記念事業に関しての情報】

『大栗先生作品が関西と東海で取り上げられます!』
当実行委員会のN委員情報から引用いたします。

以下、N委員からの情報です。
「私がネットで知り合った人でM大学ギターマンドリン合奏団OBの方がいらっしゃいます。
(M大はかつて大栗先生が多くの作品を提供された団体です)
関学OBで90周年記念コンサートを行い、大栗先生の曲を演奏すると話したところ、
M大でもOBが大栗先生没後25周年を記念して、「巫術師」と「シンフォニエッタ7番」を演奏する計画を立てて、メンバー集めに動いているそうです。
偶然ですが今年は関西と東海で大栗先生の作品がピックアップされることになりそうです。」

先日の練習開始時のO委員長のあいさいつにありましたように、大阪のクラシック界でも関西の産んだ作曲家大栗先生、貴志康一さん等の作品が今年は注目を浴びているとか。
同様にマンドリン界全体にも大きな功績を残された大栗先生の作品が関西・東海と本年のステージを飾ることは本当に嬉しいことです。
KGMCもその一翼を担い大成功に向かって努力してまいりましょう。
[PR]

by Sammy1947 | 2007-01-24 00:31 | KGMC90周年記念行事 | Comments(0)  

<< 【KGMC 90th Anni... 【KGMC 90th Anni... >>