【OMS練習7月第4週】

今年の梅雨は、週間天気予報を見るたびに雨の日が後へ後へとずれていく執拗な梅雨である。
もう雨もいい加減にして欲しいと言いたくなる。
家の中も身体も何となく湿っぽい。
今日の天気予報は「曇りのち雨」。
OMSの練習日も雨に付きまとわれているかのようである。
ハイライツの練習日は割合好天に恵まれていると言うのに。
Johanが桃山台駅からのバスの発着表を調べてくれていた。
毎時15分と45分の2本に乗れば、殆ど歩くことなく練習場に辿り着く。
今朝は雨のことも考え11:15「桃山台駅」発のバスを狙い10:00に家を出た。
桃山台駅に11:00過ぎに着き、空を見上げると今にも降ってきてもいいような曇り空であった。
20分弱の徒歩の間は大丈夫かなと、歩くことに決めた。
昼食の〔喫茶ドラン〕に着くまで空は待ってくれた。
天気の鬱陶しい日は気分まで滅入るのでイヤだ。
早く着いたので練習開始までゆっくりと食事とお茶の時間を持てた。

【練 習】
天気の悪い割りに今日の出席率はかなり高い方。
13:00過ぎにK指揮者の棒の下、音出しを開始。
前回練習に録音した『ウェスタン』の中でK指揮者が気になるところを見つけたとかで、〔リリース・ミー〕と〔シティ・ライツ〕の2曲を懇切丁寧に指導された。
10数小節いくのにどれだけの時間を費やしたことか。
僅か1曲3分余りの曲2曲に1時間以上も掛けて修正をしていった。
こういう練習を繰り返すことによって、いい演奏に繋がっていくんだなと・・・、しかし指揮者もそうでしょうが、弾く方にもかなりストレスの溜まる時間帯であった。
14:15から14:30まで15分間の休憩を取り、次に〔組曲/道化師〕にかかった。
この曲は面白い曲で好きではあるが『ウェスタン』ほど容易くはない。
10曲のうち、番号順に前半4曲〔プロローグ〕〔ギャロップ〕〔マーチ〕〔ワルツ〕を練習した。
どの曲も、聴衆の想像もつかない音の連なり、リズムの連なり、コード進行(作曲者のカバレフスキーの頭の中ってどんなんやろ?)・・・、だからこそ面白い。
今回の練習では自己練習も励んでいたこともあり、ボク自身は大分着いていけるようになっているのを実感できた。
この4曲に相当時間を掛け、終ったのが16:00ころであった。
今日の練習はこれにてオシマイ。
次回練習は、丁度お盆の最中(8/13)であるが練習はするとのこと。
この練習は参加者が極端に減るだろうな。
ボクも出席は危ういと思っている。

今日も、放課後のビールタイム、ティータイムには参加せずに権ちゃんと帰宅を急いだ。
天気予報どおり、きっちりと雨の中を傘をさしての帰路だった。
昨日、今日と価値ある二日間の練習であった。
[PR]

by Sammy1947 | 2006-07-23 18:33 | 合奏団いろいろ | Comments(0)  

<< 【裏庭の真夏の兆し】 【KGMC 90th Anni... >>