【今日思ったこと】

年初の『4大アンサンブル新年交流会』以来、EHはひさびさに本番を7月に控えています。
オジサン・オバサングループの趣味の余暇活動とは言え、目的のない練習がずっと続くのは真剣さに欠けどーもイマイチ面白さも感じませんでした。
やっと2006下期に向けて熱い思いが沸いてくるのは嬉しいこと。

今日この記事を書いているところに、メールが入りました。
訃報連絡です。
我らが学年の3年先輩の方の訃報でした。
享年61歳。
先輩の方々が学年の同期で立ち上げられたアンサンブルを楽しみ始められて1年余り。
これからまだまだこのアンサンブルで楽しまれる矢先のことだったのではないかと残念に思われてなりません。
公開されている先輩方のHPに訪問し、その中で時々読ませていただいているリンクページを開けると、また驚きの内容が書かれていました。
やはりクラブ同期の方が5月22日にご逝去されたと、追悼の記事が寂しく掲載されておりました。
お二方とも享年61歳です。
僅かの日数の間に同期のお二人を失う無念さは筆舌に尽くしがたいものがあると思います。
静かにご冥福の祈りを捧げたいと思っています。

また先週は我が小学校の恩師が肺の大手術を受けられ、現在病床に臥せておられます。
術後の経過はなんとか良好との報が入ったのでホッとしている次第です。

周りで病の報を聞いたり、若くして逝かれた方々の報を聞く度に思うことがあります。
今、元気でいる時間を大切に、無駄にしないように・・・と。
今、私たちも同じように余暇活動を音楽を通して楽しんでいる真っ最中です。
多くの同年輩の者が、定年を間近に控えやっと少しずつながらも自由な時間を持てるようになっていきつつあります。
その自由な時間を有意義に大いに楽しみたい。
であるからこそ中途半端には絶対やりたくない。
1回1回の練習が、本番が、飲み会が、ものすごく大切なものに思えるのです。
ALL FOR ONE,ONE FOR ALL・・・このラグビーの精神はどんな団体にでも生かさなければ、と思います。
独りで趣味を楽しんでいる訳ではない。
グループで楽しむ趣味には個人プレーは通用しない。
戒めにしないといけないことと思います。
趣味と言えどもグループで楽しむには規律もあります。
いい加減な人たちとは一緒にやりたくない。
ゴルフでもそーですよね。
いつまで経っても練習もせずに1R170も180もタタく人には遊びといってももう相手にされなくなっていきます。
せめて1R120くらいまでには納めることの努力をしないと仲間に入れませんよね。
もっとレベルの高い人たちはそれでも仲間には入れてくれないかも。
また技術以前の問題もあるでしょう。
ブーイングを受けるのは・・・理由のない遅刻、欠席、協調性の欠落、目に見えていないルールの無視、ではないでしょうか・・・人生長く生きてればどこかで習う基本の基本です。
これらも自分自身への戒めとしたい。
でも一生懸命になっている人には誰かしらどこかで優しく接してくれるものです。
一生懸命さを持ち続ける我々のアンサンブルでありたいと思います。
一生懸命やらないと趣味も面白くないですからね。
そしていつか人生を終えるときに、思いっきり楽しめたと思うようになっていたい、そう願います。

そんなことを考えさせられる一日でした。
[PR]

by Sammy1947 | 2006-05-25 19:21 | ツレヅレ | Comments(0)  

<< 【OMS練習記】 【7月奈良訪問演奏】 >>