<   2017年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

演奏の相性

人と人との相性と同じように、

音楽にも演奏の相性って、ある。

「人」対「人」の相性も難しいものであるが、

「演奏」対「演奏」の相性を探る方がより難しいと思っている。

何故なら「人」は多数いるが、「演奏」となれば限られてしまうから。

「人」に関してはさておき、

「演奏」の相性って?

演奏レベルが同等かそれに近いものであること、
それは神業のレベルから裾に位置している者まで、全てのレベルに相性はある。

同じリズム感を持っている者、

同じテンポ感を有している者、

演奏解釈に理解し合える者、

好む演奏ジャンルを共有できる者、

住居が比較的近い者、

練習時間を合わせられる者、

他にも色々とあるだろうが、上述の「演奏相性」を持った者がみつかれば、

極端な言い方をすれば「性格」の相性なんて問題にならない。

二人が求めている演奏が似ているので楽しみを分かちあうことができる。

とにかく楽しいのである。

始めの一歩から回数を重ねて牛歩ながら熟成の道を辿っていく。


そういう意味でその「相棒」と出会うのは、僕らの環境では奇跡に近いものと思う。

そのような「相棒」と出会えた方々にエールを贈りたい。

どうぞこれからも楽しんでいってください・・・と。

同じように僕の「相棒」にも心からエールを贈ります。




[PR]

by Sammy1947 | 2017-02-22 09:06 | 音楽 | Comments(0)  

今日は新年会

今日は新年会。

開始の17時に向けて、大阪本町へ。

「河豚のフルコース」。

「ヒレ酒飲み放題」!

年一回の集まりも今年で20回目を数える。

メンバー皆、歳をとった。

ボクの退職した年の送別会からスタートした「ハゲグリ会」。

一番参加人数の多い年で13・4名、

今年は7名だった(男6・女1)。

今ではその会社に勤めている者は誰も居ず、さしずめOBの会である。

それでも会社の現在の状況は、それぞれの持ち寄った情報で大体が見えてくる。

相当厳しい状況に追い込まれているようだ。

そういう暗い面はさて置いて、そもそも気楽な仲間の集まりであるからトコトン楽しい2時間余りを過ごしてきた。

ご多分にもれず、健康面の話題・親の話題に片寄るのは致し方ないか。

記念演奏会のチラシとチケットを配り、また記念CDコピー版もプレゼントしてきた。

また来年の集まりが待ち遠しいものだ。

今月末にはまた違った会の新年会が予定されている。

この新年会をもって2017年の新年会スケジュールは完了となる。




[PR]

by Sammy1947 | 2017-02-17 23:33 | ツレヅレ | Comments(0)  

市 栗43

先週2/10(金)に43回目の「市栗」練習をした。

「市」が忙しく当日は14時過ぎに到着、17時過ぎまで正味2時間強の練習であった。

3/26にオファーを頂いている施設の「卒室式」にどのような演奏をしようかと二人で話し合った。

卒室の子供たちの入場時の演奏には何がいいかな?

本番には何をやろうか?

皆で歌える曲どんなのがいいかな?・・・等々。

まぁいずれにしても、現在練習している曲をメインに持っていくことは間違いない。

そのようなことでこの日の練習も現在練習している三つのジャンルの曲に専念した。

次回2/24の練習では、この「卒室式」に関しての練習になる。






[PR]

by Sammy1947 | 2017-02-14 11:16 | 音楽 | Comments(0)  

市 栗42

昨日(1/31)、「市栗」42回目の練習日だった。

午後1時過ぎから午後5時前まで。

弾いた曲は全部で12曲。

考えてみると、練習のジャンルが三つに区分できることが判ってきた。

①ピアノ譜→TwinGuitar譜の「市栗用アレンジ曲」
これ等は、二人で練習しながら細部に亘って「この部分は弾かないで、音質重視にしよう」とか「この装飾音符はこうじゃないか?」とか、色々と打ち合わせをしながら進めていく。

②OMSスコア譜→TwinGuitar譜「市栗用にアレンジ」
スコア以外に小節を足して、TwinGuitar譜として面白くなるよう考えて演奏していく。

③「市栗JAZZ」譜
リードシート譜+Adlibsolo(A4、2ページで1曲)の8曲。
これ等は、1ページ目のリードシート譜はそんなに難しくはないけれど、コード奏法を覚えていかねばならない。
今までのギター人生から脱却したコード演奏法を身体に叩き込んで行く必要があり、尚且つAdolibsoloに至ってはJAZZの雰囲気を少しでも醸し出せるようになるには大きな壁が立ちはだかってくる。
ジャズギタープレーヤーの多くの演奏をYouTubeなりで聴くことも大事な要素である。

以上、このように大きく分けて三つのジャンルの演奏を今年は続けていきたい。


昨年に続き、子供たちの福祉施設からのオファーが入り、第2回目となる「卒室式」のお祝い演奏に行くことになった。
3月の第4日曜日の本番までに選曲して、そこに向けての練習も始まっていく。






[PR]

by Sammy1947 | 2017-02-01 07:39 | 音楽 | Comments(0)