<   2016年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

 

市栗の本番

2015年3月に始めた「市 栗」TwinGuitar。

丸一年が経ち、そして昨日。

「市 栗」単独での本番を迎えることが出来た。

本番デビューが昨年10月ですから、今回で2回目のステージになる。

「市」が勤めている施設の「卒室式」(初めて聞いた呼称、いわゆる卒園とか卒業と同じ意)での演奏。

急遽決まった本番。

「卒室」を迎える子供たち10数名を、仲間の子供たち・父兄の方々・スタッフがお祝いして送り出す。

多目的室で、総数87名が集まった。

人数を聞いてビックリ。

「そんなに大勢の中での演奏!?大丈夫かな、たった二人で!」


午前10時、阪急豊中駅に「市」に迎えに来てもらい30分弱走ったところにその施設があった。

千里丘陵の端正な一画に、その施設があった。

建物周囲の多くの木に花が咲き始めていた。

大きく立派な建物である。


30分ほど指慣らし練習を会場でさせてもらい、「卒室式」の時間になった。

ギター二人を、卒室の子供たちと送る側とで取り囲むような演奏形態。

TwinGuitarを立ち上げてよかったっと思った瞬間である。

二人の演奏スペース確保がやっとだったからである。


送り出す側が先に席に着き、

いよいよ演奏開始、

「いい日旅立ち」の演奏で、卒室の子供たちの入場。

スタッフ・お母さん方が演奏に合わせて歌ってくれている。

そして「市 栗」の演奏が始まった。

3曲の楽器演奏、「Tico Tico」では危ない場面もあってヒヤっとしたが止まることなく最後まで・・・セーフ!!!

そして最後の5曲目、

これは全員で唄おう!「365日の紙飛行機」です。

父兄の入場の時に、
一人のお母さんが「市さん、365日を演奏されると聞いて子供に大きな声で歌えるように、家で練習しておきなさいって言っておいたのよ」

車椅子のその子供も「市さん、一生懸命練習してきたよ」って大きな声で話し掛けてくれた。

前奏から始まり、それはそれはみんな大きな声を出してくれました。

♪ 飛んでいけ
♪ 飛んでみよう

♪ 飛んでいけ
♪ 飛んでみよう・・・

エンディングのこのフレーズなんか、もうノリノリでした。
この時のボクもギターが潰れてしまうんじゃないかくらい掻き鳴らしていました。
ひょっとして一番ノリノリなのは僕だったのかも・・反省しきりであります。

先生方が涙して送り出す姿、父兄の方々の嬉しそうな顔、子供たちの元気な笑顔・・懐かしい風景に出会えました。

演奏後、食堂で「お弁当」をいただき、
挨拶を済ませて、午後からのOMS練習に二人で向かった。

素晴らしい経験の一日であった。

またのオファーを待ってみよう。





[PR]

by Sammy1947 | 2016-03-28 07:12 | 音楽 | Comments(0)  

DENONアンプの行き場は・・・

座敷オーディオシステムから

はみ出してしまったDENONプリメインアンプの行き場は何処になったのか・・・。
f0079343_06025474.jpg
こんな風に、箪笥の引き出しの中に格納されてしまった。

次の出番が来るまでの待機場所に収められている。


メインシステムに新機材が導入されると、

そこからはみ出したものが、サブシステムに組み込まれ、

そこからはみ出したものは、また次のランクのシステムに組み込まれ、

次から次へと送り込まれていくことになる。

こうして少しずつ全体のシステムのレベルアップに繋がっていく。

終わりのない作業です。





[PR]

by Sammy1947 | 2016-03-25 06:07 | オーディオ | Comments(0)  

市 栗23

今日、13時~17時は市栗の練習だった。

4日後に施設の子供たち及びスタッフさんたちへの本番である。

「市 栗」にとっても、2回目となる本番であり、今日の練習が本番前の最後となる大事な練習日である。


f0079343_17282828.jpg

急遽決まった曲「いい日旅だち」のギターソロ譜を、「市」と話し合い、

リードギターとサイドギターに分けて二人の練習は始まった。

いつも同じであるが、この箇所は「こうしよう」「ああしよう」・・と、曲の全体像が決まってくる。

休憩を挟み、都合7~8回は弾いただろうか。

いい雰囲気に仕上がった(あくまで手前味噌)。

そして皆で唄おうと、「365日の紙飛行機」をアルペジオ伴奏とストローク伴奏に分けて歌を唄いながら、これも何度も繰り返し練習をした。

4日後の本番でのセットリストは次の順番通りに演奏される。

1.いい日旅立ち
2.Walk Don't Run
3.Tico Tico
4.Stardust
5.365日の紙飛行機

この中でやや手間取ったのが「Tico Tico」。
一度引っ掛かってしまうと、その同じ箇所が中々通り過ぎれない状況となってしまい、ずいぶん苦労をした。

17時前の最後の最後にやっと仕上がった感じになった。

何とか本番では、問題なく終えれることを願うばかりである。


にしても2回目の「市 栗」本番・・・結果はどうあれ楽しみである。











[PR]

by Sammy1947 | 2016-03-23 17:41 | 音楽 | Comments(0)  

YAMAHAアンプの行き場所は・・・

Sansuiアンプと入れ替わったYAMAHAアンプは何処に行ったのか。

座敷Audioシステムで現在使っているDENONアンプを取り外して、

YAMAHAアンプが鎮座することになった。

DENONアンプは新品であったが廉価版アンプであり、

今回の移動で、座敷Audioシステムが少しグレードアップを果たしたことになる。

座敷Audioシステム内容
プリメインアンプ:YAMAHA A-S700
CDP:ONKYO C-705
テープデッキ:ONKYO K-V3
TUNER:YAMAHA TX-492
スピーカーA:DALI Zensor1
スピーカーB:VICTOR 型番不明

以下のようにセットアップが完了した。


f0079343_20471346.jpg
f0079343_20482658.jpg
f0079343_20461384.jpg

これで座敷の方も、システムを暫くは触ることななく、聴くことに専念することになる。


で、はみ出してしまったDENONアンプはどこに行ってしまったのかはまた次回に・・・。




[PR]

by Sammy1947 | 2016-03-12 20:52 | オーディオ | Comments(0)  

Sansuiアンプの行き場所は・・・

DENONアンプが届いたために

はみ出してしまった「Sansuiアンプ」の行き場所は・・・。

このSansuiプリメインアンプは、1985年製で、

今から30年ほど前のもの。

当時「Sansui」はアンプ製品では世の中を席巻していた。

年々名器と言われるアンプを世に送り出していた時期である。

このアンプはヤフオクで落札したもの。

良い商品を落札できて、使用に関して何ら問題はない。


そのSansuiアンプは、同じリビングのピアノ上のセカンドシステムにセットアップした。

Sansuiアンプを移動する前には、

YAMAHAのプリメインアンプを使っていたけれど、

ある思いがあって、

YAMAHAを取り外して、Sansuiを取り付けた。

この取り替え作業が大変だったのである。

YAMAHAアンプは重量10Kgくらい、

これくらいの重さなら、結線していたケーブル類、端子類を全て取り外しスペースを空けることは容易なことであった。

次にセットアップするSansuiアンプの重量は25Kg!

それもピアノの上に載せなければならない。

一つ間違えば、大怪我にも繋がりかねない。

リアパネルに装着されている結線の端子類に、スピーカーケーブル・チューナー・CDプレーヤー等々をセットせねばならない。

何せ狭い場所故、隙間数センチのところで作業、

スピーカーケーブルを結線するだけで、どれだけの時間を要したことか。

翌日には、あちこちの筋肉が痛くて痛くて。

それでも長時間を掛けて、思い通りにセットアップが完了した。


前述の「ある思いがあって」・・・とは、

ピアノ上のオーディオシステムには、1980年位に発売されていた人気の「Sansuiスピーカー」を既にセットしていた。

ここに同じような時期のSansui製のアンプを組めば、

30年前の【サンスイ・サウンド】が蘇るのである。

大変な作業は、このことを求めてのことであった。

こうして出来上がったピアノ上のセカンドシステムはこのような感じです。

右のブラックがSansuiプリメインアンプ。
f0079343_19362408.jpg
そして、そのアンプで鳴らすスピーカーが次の組格子の物です。
f0079343_19381078.jpg
f0079343_19382785.jpg
こうして出来上がったシステムの音の試聴は・・・

モチロン大満足のものになりました。

かなりな大音量で鳴らす(昼間です)のですが、いいですねえ、30年前の音。

全く刺々(とげとげ)しさの無い、マイルドで暖かい感じの音のように感じます。

正にオーディオ全盛時の音が蘇ったかのようです。

アンプが寿命を全うするまで、このシステムに変更はありません。

システム内容
プリメインアンプ:Sansui AU-D907X DECADE
CDP:ONKYO C-1VL
TUNER:YAMAHA TX-480
スピーカーA:Sansui JBL SP-LF8T
スピーカーB:YAMAHA NS-F500


さてさてピアノ上にあった「YAMAHAプリメインアンプ」は何処に・・・?

それはまた後日に。







[PR]

by Sammy1947 | 2016-03-10 19:44 | オーディオ | Comments(0)  

市 栗22

今日はTwinGuitar「市 栗」の22回目の練習日だった。

気温が10度位下がり、雨の中、

集合時間の13時頃には「市」は着いた。


数日前に、

「市」から、彼の勤務している施設の理事長さんに演奏オファーを受けたとの連絡が入った。

「如何しましょう?」と。

内容は、数日前にオファーを受け、今月の下旬に演奏するというもの。

本番までに後20日もない。

しかし、しかし、そこがTwinGuitarの真骨頂を発揮できる願ってもないチャンスである。

パート数が多く、メンバーも大人数の団ならば、丁寧にお断りする状況である。

「市 栗」は、たった二人、

アッという間に決めごとは決まる。

「やりましょう」と。

30分弱を目標の本番。

「いい日旅立ち」
「Walk Don't Run」
「Tico Tico」
「Stardust」
「365日の紙飛行機」を、
セットリストに決めた。

あと一回の練習で本番を迎えることになる。

こういう話しをいただいたので、練習も急遽「365日・・」から始めた。

歌詞確認、お互いの持ち場の確認、等々・・・。

「365日」を練習中の「市」
f0079343_18113512.jpg
今日も一回の休憩のみでみっちりと17時まで、頑張った。

いついつの何時(なんじ)にどこの駅へ集合と話し合って決めて本番に臨むことになった。

次回3/23のTwinGuitar練習を済ませれば、直ぐにその本番日を迎えることになる。

全曲の練習に頑張らねば・・・。






[PR]

by Sammy1947 | 2016-03-09 18:14 | 音楽 | Comments(1)  

Audioメインの今

今年に入って、リビングのAudioメインのシステムも少し変えていった。

今のメインシステムはこのような感じに。
f0079343_09093291.jpg
プリメインアンプをSansuiからDENONに変えた。
f0079343_09113292.jpg
f0079343_09110827.jpg
こうして現在のシステム内容は、

アンプ:DENON PMA-2000RE
CDP:McIntosh MCD7007
ターンテーブル:DENON DP-300F
Tuner:YAMAHA T-S500
スピーカーA:SonusFaber Concerto GrandPiano
スピーカーB:Harbeth P3ESR

変化を感じるところ、イマイチ解からない?ところ、色々と五感を楽しんでいる。

はみ出したSansuiアンプの行き場所は・・・次回に。






[PR]

by Sammy1947 | 2016-03-09 09:19 | オーディオ | Comments(0)  

我楽多audioルームの天井に


今日、午前中の仕事・・・

20年も前に、FM放送を高音質で聴こうと買った「FM用室外アンテナ」

ケーブルの取り付け方も解らず、ずっと倉庫に放ったらかしにしていた。

先輩の知人に電気関係に非常に詳しい方がいて、その方にケーブルを取り付けていただいた。

室外アンテナなのだが外に設置する場所もなく、

チューナーにアンテナを結線し、

室内で試しに手で持って方向を定めて放送を聞いてみた。

これが室内で何と何と、高音質で聴けるではないか!

アンテナの効力が解ったから、天井にそれをセットした。

留めはボルト一本でセットしておき、放送局の方向を定めるのに動かせるようにしておいた。
f0079343_10473782.jpg
f0079343_10480406.jpg
下から眺めると、何となく「こだわり部屋」のような感じになってきた。






[PR]

by Sammy1947 | 2016-03-08 10:49 | オーディオ | Comments(0)  

我楽多audioのその後


隠れ部屋の「我楽多Audio」も少しずつ、その形を変えていっている。

一番大きく変わったのは、旧DENONのチューナーアンプを取り外して、YAMAHAの新製品のチューナーアンプに変えたこと。

このアンプが役割をたくさん持ったアンプで・・・レコード(Phono)、CD、チューナー(AM・FM・3/19から本放送が始まるFMワイド)、ネットラジオ、Airplay等々と、これ1台で何でもOKという大変便利な機材である。

画像右ターンテーブル下のラック内に納めているのがそのYAMAHAチューナーアンプ。
f0079343_14132481.jpg
f0079343_14135057.jpg
f0079343_14140988.jpg
リモコン一つ、或いは僕の場合iPod mini又はiPod touchのAirplayで操作が出来て、聴いている場所を移動しなくとも簡単に希望のチャネルに合わすことが出来る。

昔のオーディオ各種名器も大変素晴らしいものが多いが、現代のものも素晴らしいものが徐々に出てきている。

このようにして、ゆっくりではあるがオーディオシステムはバージョンアップをしていっている。

終わりがなく、キリがない恐ろしい趣味の世界である。



[PR]

by Sammy1947 | 2016-03-07 14:19 | オーディオ | Comments(0)