<   2015年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

 

今日の2枚

今日は昨日届いたCDを聴いた。

面白いのがこの1枚
f0079343_16344948.jpg

これは、ドヴォルザークの交響曲第8番・・・かつて「イギリス」と呼ばれたこともあった渡米前に作曲された交響曲。
「イギリス」と呼ばれていたのは、このオーケストラ譜が英国で出版されていたためにそう呼ばれただけのこととか。

従って、渡米後に書かれた「新世界交響曲」とは意味合いが違う。

何が面白いのか、
LPレコードではカラヤン指揮ウィーンフィルのものを所持している。

本来交響曲は管弦楽で演奏されるもの。

このCDはたった独りで演奏されている。

楽器は、オルガン!

管弦楽と比べて、オルガンソロはどう演奏されるのだろうか、大変興味を持って聴いた。

パイプオルガンはホールそのものが楽器と言ってもいいのでは。

その迫力たるや如何に?!

比べるものでもないでしょうが、今のところ僕は慣れ親しんだ管弦楽に軍牌を上げてしまいました。

それでも何回か聴く内に、その良さは理解できるものと強く思います。


今日のもう1枚は、

NHK・BSプレミアムで何ヶ月か前に視聴して気になっていた曲。

ショスタコーヴィチの「交響曲第7番(Leningrad)」
f0079343_16474960.jpg


演奏時間80分にもならんとする長大な交響曲。

TVの視聴では、解説が付きレーニン時代の社会背景の説明を聞きながらのものであったので、劇的な聴き方になった。

純粋に音楽のみを聴いていくと、その長大さに正直言うと眠気を誘われた時間帯があった。

聴き方はマーラーに似て、何度も聴く内にそこかしこに良さを見い出していくのでしょう。

こちらも今のところ、ショスタコーヴィチでは「交響曲第5番」の方がやはり聴いていて楽しい。


しかしながら、経験上音楽はどんなジャンルであれ一目惚れならぬ一聴惚れも数多くあるけれども、何度も繰り返し聴いていく内にその虜になることも数多い。

一聴での評価は避けたいものです。

音楽は本当に楽しい。
[PR]

by Sammy1947 | 2015-10-28 16:57 | 音楽 | Comments(0)  

市栗TwinGuitar練習13

六甲福祉センター本番(10/17)の前に、

10/14に「市栗TwinGuitar練習12」がありました。

本番前の忙しさで、「練習12」をアップすることも忘れていました。


で、それも無事に終わって、

本番後初の「TwinGuitar練習13」が今日ありました。

プレッシャーから解き放たれ、二人とも気楽なもんです。

おさらいとして、本番演奏曲3曲から始めました。

今後ともレパートリーして使うので忘れないようにするためです。

自然体で気楽に演奏すると、二人ともまずまずの演奏ができました。

この精神状態が本番でも保たれればホントいいのですがね。

まぁ、場数をこなして慣れることが一番だと思います。


今日は、「ジャズライク」な演奏を、ゆっくり時間を掛けながらでも会得していこうとになりました。

そのサンプル曲として、

チャップリンの「スマイル」

シャンソンの「枯 葉」

この辺りを丁寧に進めていきました。

三声コードの鳴らし方、メロディフェイクの演奏方法などです。

そして「サボテンの花」を教材に、メロディを譜面を見ずに弾き伴奏に合わせることなども試してみました。

それぞれCDで勉強できるものは、CDを聴いて、演奏方法を確認するとか、時間的余裕があるからこそできる練習に集中しました。

ゆっくりと一つずつ階段を上がっていきます。

「市栗」のこれからの変化が楽しみです。
[PR]

by Sammy1947 | 2015-10-26 17:52 | 音楽 | Comments(0)  

直近の2枚

ラジオを聴いていて、

YouTubeを見ていて、

最近2枚のCDを手にした。

ラジオの1枚は、

FM・COCOLOを聴いていて、カントリーミュージックが流れてきた。

COCOLOのいいところは、音楽が終わった後にも、アーチスト名と曲名を言ってくれること。

音楽の始まる前に曲名を聞いても、初めて聴く曲で「いい曲やなぁ」って思っても曲名を思い出すことは出来ない。

流れてきたのは1960年代・70年代のカントリー界女性トップシンガーのものだった。

シンガーの名は、Tammy Wynette。

曲名は、Stand By Your Man。

一聴するだけで、声の質・メロディに惚れてしまった。

で、ベスト盤を探し注文をした。
f0079343_1413781.jpg



もう1枚は、

YouTubeでオーディオ関係の映像をサーフィンしている時に見つけた録音を主としたエンジニアが立ち上げたレコード会社のCD。

既に800枚近くのCDをリリースしている中で、

現在の指揮者で最も好きな人のCD。

20年近く前になるのかなぁ、この人の指揮でN響によるチャイコフスキー交響曲第4番をTVで視聴し、それ以来彼の指揮に釘付け。

その人は、Myung-Whun Chung(チョン・ミョンフン)氏。

10年以上も前に、いずみホールまで出かけ彼が率いる「ローマ・サンタチェチーリア管弦楽団」でベルリオーズの幻想交響曲を聴いたことが懐かしく思い出される。

彼の指揮振りは、深い思い入れの上に身体全体でのダイナミックな振りで他を圧倒してしまう。

そのチョン・ミョンフン氏が率いるチェコ・フィルのブラームス「交響曲第4番ホ短調がリリースされているのを知った。

そして是非ともと手に入れた。
f0079343_14285064.jpg


この直近の2枚でオーディオを楽しんでいる。
[PR]

by Sammy1947 | 2015-10-24 14:29 | 音楽 | Comments(0)  

もっと高く

フルレンジスピーカーは、低音から高音までたった一つのスピーカーで鳴らします。

ですからステレオで左右1ケずつのスピーカーがキャビネットに内蔵されているだけ。

今回入手したスピーカーは8インチ(径20Cm)のもので、これ1ケで全ダイナミクスレンジを鳴らします。

このスピーカー、キャビネットの真ん中からやや下にセットされています。

この部屋ではソファのように沈みこむ椅子ではなく、耳の位置がスピーカーより高い位置になってしまいます。

極端な言い方をすれば、下の方から音が耳に入ってくるということになります。

上下の定位をしっかり守れば、より良い音が聴き手に届くというロジックです。

気にしなければどうってことはないのですが、同じことなら少しでも良い音を聴きたいってのがオーディオファンの願い・・・少し深みにハマりつつある自分を感じます。

そんなことで又、力仕事になっていくのです。

専用のスピーカースタンドはかなり高価なものです。

それを使えば一番いいことは解っていても、出来るだけ費用をかけずにより良いものをってのも一つのあり方だと思っています。

上を見ればキリがないオーディオの世界ですね。

下を見ればそれなりにってところです。


それで早朝から倉庫に入って、適当な材を探しました。

スピーカーの背を高くするものを探すのです。

それが探し出せれば費用は「0円」。

部屋のカーペットの上に、板を敷き、その上に「カサ上げ」出来る適当なものをイメージして探しました。

ありました!

板2枚と、
そして煉瓦が欲しかったのですが代用でコンクリートブロックが4ケ。
f0079343_1924559.jpg


f0079343_1925104.jpg

これを玄関に持って行って、雑巾がけと、刷毛での埃落とし。

片方20Kgのスピーカーを持ち上げて、その下にセットしていきます。

先日スピーカーが届いたときに梱包解きとセットアップで右ひじを痛めてしまったので、気を付けての作業です。

ゆっくり進めていき、完成しました。

下の画像は、作業前です。
右はYAMAHAのトールボーイ3Wayスピーカー、約100Cmの高さがあります。
f0079343_1928463.jpg


最終完成形がこの画像です。
背伸びが出来ました。
f0079343_19292521.jpg


これでもう作業をすることはなく、じっくりと音楽を楽しめるようになりました。

こんなことをやっている時間がシンドイけれども楽しいのですね。

フルレンジスピーカーと、
2Way・3Way等のスピーカーとの各々長所短所はまた機会があれば。

今は、フルレンジスピーカーにハマっています。
f0079343_6192436.jpg

[PR]

by Sammy1947 | 2015-10-20 19:30 | オーディオ | Comments(0)  

危ないので

中古品購入の最新スピーカー(SANSUI JBL LE8T)

全てセットアップも済み、時間的余裕も出来てきたので

音楽(CDとFM放送)を楽しんでいます。

色々触っているうちに、スピーカースタンドとしている小棚の天板と、スピーカーキャビネット底辺とがどちらも滑りやすく危ないことが解りました。

僅かの力でスピーカー本体が滑ってしまいます。

よっしゃ、

滑り防止及び床への共振防止のためにも、高音から低音まで明瞭に音出し可能かも知れないためにもインシュレーターを間に挟むことにしました。

これでスピーカーとスピーカスタンドがやっと落ち着きました。
f0079343_929212.jpg

[PR]

by Sammy1947 | 2015-10-19 09:29 | オーディオ | Comments(0)  

32年振りの対面

32年前の自宅新築時に、

処分するのに余りに物体無いからと

親戚に引き取ってもらった大型のオーディオセット。

特にスピーカーユニットがお気に入りでした。

音もそうですがそれ以上にSANSUIの組格子グリルが前面に配置された姿が大好きでした。

学生時代から15年間大事に使い続けていました。

今になってあの組格子が懐かしく、

便利なネットを駆使して、折りに触れ探していました。

ヤフオクで新品と見紛う程まで完璧にレストアされたユニットを数ヶ月前に見つけました。

暫くは入札に参加していたのですが、とうとう手の出ないところまでいってしまい諦めることにしました。

思えばあれが一番良品の商品だった、しかしながら絶対に落札しようとしていればもっともっと吊り上がっていったことと思います。

引き際も大事なこと、諦めました。

その後も時々探していました。

10日ほど前に出てきました。

前回見つけたものに比べれば、ややリスクがあるかも。

出品者の評価を調べ上げました。

フルレンジのJBLスピーカーを搭載した1979年製、今から36年前のSANSUIです。

信頼出来得る出品者と判断しましたが、数日熟慮しました。

で、思い切って落札した次第です。

一昨日届きました。

写真で見ていたよりも、綺麗なスピーカーでした。

これもよく手入れされ大事に使われていた事が伺えるものでした。

それは外観を見た目のこと。

音はどうなのか。

スピーカーが届くまでに、諸作業は終わらせておきました。

スピーカーケーブル、スピーカースタンドになる小棚の購入、そしてケーブルを必要寸法にカットしてアンプに接続までを終わらせていました。

スピーカーが届き、梱包を解きさえすれば直ぐにケーブル接続が出来て、音確認が出来ます。

大事な音ですが、全く問題なく素晴らしい音を鳴らしてくれました。

クラシック、ジャズ、インスト等のCDを鳴らしましたが、満足のいくものでした。

ここでホッと一安心です。

まだ演奏団体の本番等が控えているので(実は今日も本番)、心落ち着けじっくりとそのスピーカーを楽しむことは出来ませんが、その姿を眺めているだけでも嬉しくなってきます。

今日の本番が終われば数日は、ゆっくりできる日が続きます、その時に思いっ切り鳴らしてみたいと思っています。

このような姿のスピーカーユニットです。
f0079343_5405888.jpg


f0079343_5411599.jpg


f0079343_5413042.jpg

[PR]

by Sammy1947 | 2015-10-17 05:41 | オーディオ | Comments(0)  

弦交換グッズ

既に利用されている方もいることと思います。

面倒臭い弦交換の強い味方

「弦交換グッズ」です。

これは本当に優れものです。

プレーヤーの性格の違いからか、新弦に変えてヘッドの方で余った端っこの弦の処理。

無造作に男らしく?そのままにしている方、

長く余った弦を綺麗に巻いている方、

余った弦は邪魔だとカットする方。

人それぞれです。

僕は一番最後の余った長さはカットするタイプ。

百均で買った小さなニッパーを以前使ってました。
f0079343_194688.jpg


最近はそのニッパーを使わなくなり、
もっと前に購入したギターグッズを利用しています。

このグッズ、本当に優れものです。

全弦緩めるのにヘッドのペグを何度も回さねばなりません。

このグッズはペグを回すワインダーとニッパーが一つになったものです。
f0079343_1973171.jpg


f0079343_1974853.jpg

このグッズは手回しよりも感覚的には10倍以上も速く弦を緩めることができます。

そして弦のセット後に先に付いている極小のニッパーでカット、この切れ味が素晴らしいです。

もう10年以上も前からこういう弦交換グッズを使っているのですが、

やっぱり弦交換の作業は嫌いなのです。
[PR]

by Sammy1947 | 2015-10-02 19:10 | 音楽 | Comments(0)  

ギターアクセサリー

f0079343_22542754.jpg


f0079343_22544613.jpg

こんばんは。

上の画像、ギターですがブリッジのサドル上に何か付いていますが・・・、


何なのかお判りでしょうか。

10数年前に手に入れたものです。


丁度、今の時間帯くらいに効果を発揮するグッズです。


これを装着して、頑張ってまいりましょう。
[PR]

by Sammy1947 | 2015-10-01 23:01 | 音楽 | Comments(0)