<   2014年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

手作りCDをグレードアップ!

オーディオに凝り始めた5月・6月

MacBookProのコンピュータを使って

アナログレコードをCDに作り替えたものが何枚もあります。

録音できたCD盤面には手書きで内容を記録。

レコード4枚分、このような感じです。
f0079343_1149799.jpg


これで充分オーディオ機器で良い音を聴くことが出来ます。

が・・・、気持ちの問題でしょうか?イマイチ有り難みに欠ける。

この感覚って案外大切なことだと思います。

そんなこんなでプラのCDケースに本物の市販CDのような表紙をはめ込もうと。

PCでそれぞれのCDアルバム名をアクセスしていって、本物のCD表紙をコピーしていきました。

ついでに表紙裏には、曲名とか録音時期とか演奏者名とかもコピーしました。

それがこの4枚です。
f0079343_1155491.jpg


f0079343_11555987.jpg


f0079343_115672.jpg


f0079343_11561427.jpg

それを丁寧にカッターでカットし、二つ折りにしてCDのプラケースにはめ込みました。

ご覧ください、有り難みの無かったあのCDプラケースが、もちろん本物とまではいかないですが、一気にグレードアップできました。
f0079343_1158813.jpg

f0079343_1212287.jpg


f0079343_11581749.jpg

f0079343_12122121.jpg


f0079343_11582421.jpg

f0079343_12123654.jpg


f0079343_115831100.jpg

f0079343_12125067.jpg

如何ですか?

何だか、聴いてみようって気持ちになるから不思議なものです。

中身が同じなら何だってイイヤってなことでしょうが・・・、人も極端なお洒落の必要はないけれど身だしなみは大切なことですよね、気を付けないと・・・・!

そのようなことを思った次第です。
[PR]

by Sammy1947 | 2014-11-28 12:03 | オーディオ | Comments(0)  

TVっ子ならぬFMっ子に

すっかりTVっ子から

FMっ子に変身してしまいました。

家人がTVに見入っていると、違う部屋に移動してラジオのスイッチを。

ラジオを聴きながら眠り込むこともしばしば。

よほど見逃せないTV番組以外は、このような日々。

今朝も「マッサン」以外は、

朝6:00から11:00は「FM COCOLO」をつけっ放しです。

11:00を過ぎてもFM番組を探し、17:00からまた3時間「COCOLO」に戻ります。

ずっと聴き込むのではなく流しているって感じ、これが休みの日の日常になりました。

気分的にもっとリラックスした独りだけの休日には、CDを・・、さらにリラックスした日はレコードを(マニア的に言えばターンテーブルを回します)。

自身でも贅沢だなぁって思えるのは、

この時間はこのスピーカーで聴いてみようって選べることです。

KENWOODにしようか、BOSE?、TEAC?、YAMAHA?、HARBETH?、DALI?、ONKYO?って具合に。

殆どが小さなスピーカーですが、それなりに低音部も満足いく程度には鳴ってくれます。

資金的余裕のあるオーディオファンなら、タンノイ?、JBL?などの大型スピーカーなのでしょうが、それは無理というものです。

オーディオの面白いところは、それぞれのレベルに合わせて、楽しめるところだと解ってきました。

どんな機材でもケーブルを繋いでいて、出来上がって音を出す瞬間のワクワク感が堪りません。

ヤッタァ~!って時も、何やガッカリ~!ってのも全て経験則になっていきます。

今日も一日中、このような日になります。
[PR]

by Sammy1947 | 2014-11-13 10:08 | オーディオ | Comments(0)  

スゴイ歌手だなって思います

最近よくFM放送で取り上げられていた曲

「ヤッパ好きやねん」
やしきたかじんさんではなく歌っていました。

歌心を感じました「うまいなぁ~・・・」

誰が歌ってんねんやろ、「悲しい色やね」の上田正樹さんかな?

違いました。


そして近々のFM放送で「男はつらいよ」の主題歌です。

これも渥美清さんじゃなく、です。

「うまいなぁ~・・・」・・・誰が歌ってんねんやろ?

「ヤッパ好きやねん」と同じ歌心を感じました。


その歌手は、玉置浩二さんでした。

選曲の絶妙さ、オリジナルではなく自分のものとして歌う強さ、いずれも脱帽!です。

彼の今までのスキャンダラスな部分は関係なく、スゴイ歌手だなぁって思った次第です。

機会があればぜひ試聴をオススメいたします。
[PR]

by Sammy1947 | 2014-11-10 06:55 | 音楽 | Comments(0)  

CDとAudio

Jazz雑誌を読んでいて、
どうしても聴きたい音源のCDを注文しました。

ベースとジャズギターのDuoです。

ベースとギターの二人だけの演奏・・・大変興味アリです。

ベースはチャーリー・ヘイデン
残念ながら今年亡くなりました。

ジャズギターはジム・ホール
彼も昨年末に日本公演を目前に亡くなりました。

二人とも「デュオの名手」。

なのに共演は殆どなく、1990年にモントリオールでのJazzFestivalで奇跡的にライブを行った時の音源がCDとなってリリースされました。

僕にとって、ベースにしてもジャズギターにしても身近に存在するもの。

ですからどのような演奏が繰り広げられているのか大変興味深いものがあります。

iTunesでサンプル音源を全8曲確認して購入を決めました。

ともすれば聴いていて飽きがきてしまう(最後まで聴くのがツライ)のもこの手の演奏には付きものです(って僕は思うのです)。

サンプル音源(各曲1分余り)を聴いていても、ややそのような感じがしないでもありませんでした。

それでも興味が勝り、購入を決めたのです。
f0079343_8595091.jpg


CDデッキに入れ、自慢の?Audioで聴きました。

殆ど知らない曲ばかりです。



イャ~~素晴らしかった。

1990年だから録音状態もよく、ライブ感もよく出ていて、二人の掛け合いもよーく解り、75分間聴き入ることができました。

この手の演奏に間違いなく興味のありそうな「あの人」そして「あの人」にもぜひ聴かせてあげたい・・そのようなCDでした。


と、ここまでは大満足で終わったのであれば良かったのですが。

問題は自慢の?Audioセット!

メインセットである機材で聴いていてあと2曲で終わりというところ、そこまでは二人の奏でる音楽に没頭していたのですが。

そこでアクシデント。

CDデッキが誤信号を受けたかのように、何か赤いランプが点滅し始め、音楽が前に進まなくなってしまいました。

ここで二つのことを考えました。

停まった部分に何かCDに問題があったのか、またはCDデッキに問題があるのか・・です。

こういう時に複数セットを持っていれば、確認できるので便利です。

ピアの上のサブセットにCDを移し、問題の曲のところからかけてみました。

問題なく残りの2曲を聴くことができました。

結論は20年前に手に入れたCDデッキに問題アリと判定。

ことはそれで終わりではなかったのです。

次にサブセットに問題発覚!

プリメインアンプ・CDデッキには問題ないのですが、スピーカーに異常が発生したのです。

このサブセット、二種類のスピーカーを鳴らせるように仕組んでいます。

一つは「KENWOOD」スピーカー(これも上述のCDデッキとセットで20年前に買ったもの)、
もう一つは「TEAC」のスピーカー(これはヤフオク落札の25年前のもの)。

このサブセットでかなりの音量で聴いていました。

アンプを操作しBASS音を強調(小型スピーカーだからどこまでBASS音を出せるかの試験も兼ねて)しました。

「KENWOOD」も「TEAC」も同時に鳴らしていて、小型でもかなり満足のいくBASS音やなあって悦にいってました。

BASS音にプレッシャーをかけ過ぎたのか、途中からジャリジャリっていうような音が出てきたのです。

どこから出ているのか辿っていくと、「TEAC」の左スピーカーであることが判りました。

サランネットを取り外しスピーカーをむき出しにして、鳴っているあたりを指で押さえるとそのジャリ音は止まりました。

問題個所を見つけましたが、その対処法は調べていかねばなりません。
瞬間接着剤を使っていいものかどうか、ビニールテープなどで補修していいものかどうか・・です。

「KENWOOD」だけでCDを聴くと、大満足の音質でありました。

思うところは、大昔に購入したもの、ヤフオク等古い物はダメということではなく、それらと付き合っていけば楽しむ方法は必ずあるし、勉強させてもらえるということを強く感じました。

古い物への愛着・・これってとても大事なことだと改めて強く思っています。

以上、一枚のCDが巻き起こしたハプニングでした。

再び申します、このCDには問題はありませんでしたし、演奏内容はデュオに興味のある方にはきっと大満足であることを申し添えておきます。
[PR]

by Sammy1947 | 2014-11-07 09:34 | オーディオ | Comments(0)  

今LivingAudioは・・・

今年のGWの時期から徐々にハマっていったAudio

今LivingAudioはこのような形になってきました。

これが1セット
f0079343_18553526.jpg
このセットで一番下の機材ががヤフオクで手に入れたYAMAHAのチューナーです。
落札額はなんと!C千C百円!!!
送料の方が高かったりして・・・!
古い機械なのですが、抜群の感度を誇りFM放送がバッチリなのです。

それに組み合わせたスピーカーセット二組です。
f0079343_18591096.jpg


f0079343_18592821.jpg
A・B・A+Bの三種類の音を楽しむことができます。

そしてメインのセットがこちらになります。

Audioを始めた5月頃から思うと、大きく変化いたしました。
f0079343_1921731.jpg

Audioラックの上部には新しく導入したスピーカーセットを。
f0079343_1934440.jpg


f0079343_194067.jpg

今流行の小型ブックシェルフスピーカーなのですが山椒は小粒でピリリと辛い・・を地で行く優れもののスピーカーです。
特にジャンルで言えばクラシックとヴォーカルに威力を発しているように思います。

半年に亘るAudio構築も、キリがないのでここらあたりで一旦完了とさせます。

暫くは音を楽しんでいきたい・・・そんな風に思っています。

この趣味もやっぱりハマっていくだけのものはある、・・・面白い!
[PR]

by Sammy1947 | 2014-11-05 19:07 | オーディオ | Comments(0)  

キュウリの後は

仕事を終えたキュウリの蔓などを取り除き、

水菜を苗植えしました。

この時期になると全く陽射しが無くなり、成長速度がガクッって落ちてしまいます。
f0079343_128347.jpg


球根の強みでこの時期になると、水仙が芽を出し始めます。
f0079343_1291966.jpg


f0079343_1292816.jpg


何故か・・何を間違えたのか・・一輪だけ「ナデシコ」が花を付けました。
f0079343_12102180.jpg


f0079343_12103085.jpg

[PR]

by Sammy1947 | 2014-11-03 12:10 | 初歩の菜園 | Comments(0)