<   2013年 04月 ( 34 )   > この月の画像一覧

 

二回目の収穫

ホウレン草を収穫しました。

初めての「種」からの収穫になりました。

ホウレン草を摘み取った後の菜園
再び土壌改良をしておきました。
f0079343_715268.jpg


収穫のホウレン草です。
f0079343_731532.jpg
オヒタシにしてもらって食べました。
家族4人分、ほんの僅かずつでした。
しかし、美味い・美味い!

他の野菜も順調です。
f0079343_75147.jpg

お気づきでしたか?
今月4月・・・
30日間、毎日何かしらの記事掲載を一日も空けずに続けてみようと。
結構しんどいものがありましたが、達成できました。

5月、明日からは「気が向いたら記事掲載」に戻ります。
一ヶ月間ありがとうございました。
[PR]

by Sammy1947 | 2013-04-30 07:05 | 初歩の菜園 | Comments(0)  

ギター続きで・・・

市販楽器じゃなく

親しくさせていただいている先輩の

その知人の方が

趣味?でギターの製作活動をされています。

その仕上がりはプロの仕事

ひょんなことから僕の手元に来ることに。

一年間弾き込んで

昨年秋のOMS定演にステージデビューさせることができました。

フラメンコギターです。

このギターもよく鳴り、よく響きます。
f0079343_5305256.jpg


f0079343_5334268.jpg


f0079343_5341593.jpg


f0079343_5345023.jpg


f0079343_5352520.jpg


f0079343_536534.jpg


f0079343_5363011.jpg


f0079343_537518.jpg


f0079343_5373071.jpg


f0079343_5375548.jpg

[PR]

by Sammy1947 | 2013-04-29 05:38 | 音楽 | Comments(0)  

今日のOMS練習、楽器持たずに行ってみよう

昨日の土曜日

今日の日曜日と

連荘練習日です。

昨日はEH、今日はOMS。

今日のOMS練習には楽器を持たすに行くことにしました。

スペイン製のクラシックギター

の、試奏ができるからです。

ボディ木材はあの「ハカランダ」!!

もちろんオールドですが、かなり素晴らしい響きを持った楽器です。

大変、楽しみ!

他にこんなに綺麗なギターを数日前に見てきました。

見た目より価格はこなれたジャズギター(アーチトップギター)で、フレイムメイプルのボディ材に目を惹かれます。
f0079343_712356.jpg


f0079343_7132749.jpg


f0079343_71429.jpg
価格がこなれているのはそれなりの理由があるのです。
コンディションランクはおそらくNM(ニアミント)で素晴らしい状態、生音も魅力的に響いています。

少なからず心が動かされる楽器です。
[PR]

by Sammy1947 | 2013-04-28 07:16 | 合奏団いろいろ | Comments(0)  

夢の楽器

新たに我が家にやって来たのは

「Gibson L-5ces」という楽器です。

僕にとって夢の楽器の一つです。

1997年11月11日アメリカ・モンタナ産まれです。
f0079343_2344049.jpg
ボディ:サイド・バックがフレイムメイプル
トップが目の詰まったスプルース
ネック:フレイムメイプル
フィンガーボード:エボニー
PU・テイルピース・ペグ等ゴールドパーツに経年によるくすみが出てきています。
トップにもウェザーチェックが少し出てきています。
いずれも問題ありません。

大事に使われていたのでしょう、素晴らしい楽器です。

f0079343_235782.jpg


f0079343_2353668.jpg


f0079343_2355897.jpg


f0079343_2362447.jpg


f0079343_2363983.jpg


f0079343_237084.jpg


f0079343_2371179.jpg


f0079343_2373438.jpg


f0079343_2374376.jpg


f0079343_238467.jpg


f0079343_2381670.jpg
ケースから出して、スタンドに立てかけ、六甲の空気を吸わせています。
10ヶ月振りの再会でした。
[PR]

by Sammy1947 | 2013-04-27 02:38 | 音楽 | Comments(0)  

残り4ポッド苗の植え付け

その前に「キタアカリ」がこんなに大きくなりました。
f0079343_683981.jpg


「ホッカイコガネ」もこんなに大きく
f0079343_693464.jpg


「ほうれん草」はこんな感じです。
f0079343_610935.jpg


「シュンギク」はこのように
f0079343_6104590.jpg


「小松菜」です。
f0079343_6111360.jpg


「京水菜」は
f0079343_6115112.jpg


「ほうれん草」から「京水菜」の全体です。
f0079343_6131739.jpg



「なす」二株を「なでしこ」を挟むように植え付けました。
f0079343_6165653.jpg


f0079343_6172319.jpg


「なでしこ」と「じゃがいも」の間に「唐辛子」を植付けました。
f0079343_6151720.jpg



そして庭園側に「トマト」の横に「キュウリ」二株と、その横に「枝豆」を植え付けました。
f0079343_62004.jpg


f0079343_6203077.jpg



ついでに「梅」と「山椒」です。
f0079343_623164.jpg


f0079343_6231463.jpg

これでこの春の植え付け関係は完了?となります。
[PR]

by Sammy1947 | 2013-04-26 06:21 | 初歩の菜園 | Comments(0)  

つる植物支柱とブルーベリーの花

まだポッドで保管している

「なす」「キュウリ」「唐辛子」「枝豆」の四種類。

主に「キュウリ」植え付け用に支柱を仕入れました。
f0079343_1783897.jpg


「ブルーベリー」が小さな花を付けました。
f0079343_1785039.jpg


f0079343_1793454.jpg

[PR]

by Sammy1947 | 2013-04-25 17:09 | 初歩の菜園 | Comments(0)  

中古 Used Old Vintage & New

楽器(特にギター)を購入し始めて約15年

前半の10年くらいは新品ばかりを買っていました。

後半の5年は逆に中古楽器を主に買ってきました。

始めの頃は、中古には見向きもしなかった。

やっぱり新しい方が気持ちがいいと。

それはそれでいいんです。

ずーっと買い続けていくうちに中古の魅力にも気づき始めました。

新品にはない魅力?

自分に見合った楽器そのものの存在感の魅力

この世に産まれてきた年輪(新品には絶対真似できないこと)の渋さ?

今では新品も中古も同じように見ることができるように思います。

要は、自身が気に入りさえすれば新品でも中古でもそんなことは全然構わないってことかな。

New
Used
Old
Vintage
と、大まかに言われています。

New(新品)以外に世間的には
Vintage>Old>Used・・・でしょうか。

全てUsedですが、その中で選ばれた価値あるものがOld、
もっと厳選されたものが歴史まで感じさせるVintageといったところでしょうか。

この楽器はどのような変遷で手元に来たのだろう。

大事に扱われたいてのかな、なぜ手放したんだろう。

お金が必要になったのかなあ、もう一つレベルが上の楽器に買い替えかなあ、・・・とか。

間違いなく新品よりよく響くのも中古の魅力でしょう。

現在所有楽器の約半分が中古楽器になりました。


楽器屋さんのコンディション格付けに

New
Mint
N.M
EX
V.G
がよく使われます。
製造年代ではなく、その楽器の現在の状態を告知するものです。

Newは読んで字の如く、新品
Mint(ミント)は、新品と見紛うほどの極上品、時には新品以上の値が付くのも珍しくありません
N.M(ニアミント)は、ミントに続くもの
EX(エクセレント)、その次の状態、EXでも新品より価格の高いものは多くあります。
V.G(ベリーグッド)は、販売に値する最下位ランクの格付けとなります。

格付けは各楽器店により厳しさ・甘さがまちまちです。
厳しく査定しているお店の方が信頼感があると言えるかもです。
[PR]

by Sammy1947 | 2013-04-25 09:32 | 音楽 | Comments(0)  

Get !

「小松菜」に潜む

「なめくじ」一匹、ビールに誘われGetしたり。
f0079343_8485227.jpg

[PR]

by Sammy1947 | 2013-04-24 08:47 | 初歩の菜園 | Comments(0)  

なめくじ

瑞々しい「小松菜」

間引きが上手く出来ないので密集状態は相変わらずです。

種蒔きに問題があったのは既に理解ができました。

次回から面倒くさがらずに教えてもらった種の蒔き方を実行ですね。

それでも瑞々しく育っているので少しずつ大きくなっていっているのが楽しみなのですが、

よーく見ると、葉っぱのあちらこちらに穴が空いているところが目立つようになってきました。

観察していると、原因はどうやら「なめくじ」のようです。

というのは水を撒いている時に、一匹だけ見つけたのです。

除去しましたが、密集の中には数多く潜んでいることも考えられる。

園芸をやっている従姉妹から駆除方法を伝授されました。

畝と畝の間にポリ容器のようなものに「ビール」を入れて置いておけばいいのだそうです。

初め聞いたときは、ビールの香りかアルコールを嫌い逃げるのかと思いました。

聞くとそれは逆でした。

ビールの香りに誘引されて飲みに来るのだそうです。

そこで溺れるとか・・・。

調べてみるとそういう風にたくさんの記述がありました。

ただ気を付けないといけないのは

ビールに強い個体もあるそうで、そのまま飲み逃げされることもあるそうです。

何となく面白いですね。

なめくじが害虫でないなら可哀想にも思えます。

しかしどちらかと言えば身体に寄生虫を宿していたり、作物被害が出ることから駆除をした方がいいのだそうです。

試してみたいと思います。
f0079343_693490.jpg


f0079343_69582.jpg
スーパードライ!勿体無いような・・・!
[PR]

by Sammy1947 | 2013-04-23 05:29 | 初歩の菜園 | Comments(0)  

やっとブルーベリーを

ブルーベリーを地植えしました。
f0079343_624857.jpg



なすが自立できないようなので、割り箸を添えました。
f0079343_635214.jpg


f0079343_641539.jpg

[PR]

by Sammy1947 | 2013-04-22 06:04 | 初歩の菜園 | Comments(0)