<   2012年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

小さなアップグレード

またまたiPod関連です。

iPodを手軽に尚且つそこそこの大音量で聴くことができるスピーカーを探していました。

やっと探し当てたのがこのスピーカーです。
f0079343_11464022.jpg
W20cm×H9cmのAudio-technicaのものです。
これは電池駆動で、iPodと繋ぐケーブルが本体の周りに内包されています。
スイッチ類は電源スイッチのみとシンプルな造りです。
音量はiPod側で操作します。
固体のサイズ故、低音は余り鳴りませんが、それでも充分楽しむことができます。

中央下部に引き出しのようなトレイがセットされていて、iPodをその上に置くことができます。
f0079343_91106.jpg
ミニステレオとして、活躍の期待大です!
[PR]

by Sammy1947 | 2012-03-21 09:01 | 音楽 | Comments(0)  

宅 録

MacBookによる宅録が少しずつですが進んでいます。

GarageBandソフトを使い
Apogeeのオーディオインターフェースを使い

独り演奏による曲目も少し増えました。

宅録・・・

何故かこの作業に掛かると緊張感が増します。

録音ボタンを押した時点で、いつもの心理状態ではなくなっています。
演奏を間違えれば、何度でもやり直しが可能にも拘わらず・・・です。

寒い部屋でも、汗が滲んでまいります。
苦しく面白いものですね。

例えば
昨日の宅録
曲名はJazzの「Line For Lyons」、譜面はTaichi先生によるものを使用しました。
小節数は3コーラスで約100小節、テンポにもよりますが四分音符134/分で約3分の演奏。

取り敢えず、アコースティックギターで3パートの演奏を試みました。
パートは、「1st」 「2nd」 「backing(コードでの四つ刻み伴奏)」の3パートです。
※2コーラス目が、アドリブソロとなりますが、現在まだ弾けないので練習を積んだ後に、4番目のパートとして重ね録音を予定しています。

やり直しは何度でもOKですが、各パートの演奏を途中で止められません。
止めれば、また最初からの録音ということになります。

これが緊張の元となります。

各パートの間違えそうなフレーズを先に練習しておきます。

ソフトに、メトロノームを設定して、各パートの割り振りを設定します。
1stは左のスピーカーから聴こえ、2ndは右から聴こえ、backingは真ん中から聴こえるように・・・といった具合にです。
その他に録音レベルの設定等をしなければなりません。

いよいよ宅録の開始です。
伴奏パートの「backing」から録音していきます。
メトロノームのクリック音を聞きながらテンポとリズムに注意をして弾いていきます。
これって結構難しいものなのです。
どこかでずれてきたりするのですね。
そうなると、また最初から始めます。

どのパートの録音もそうですが、一回で弾き切れるものではありません。
終わりが近づいてきたら特に心理状態に変化が起きてきます。
最後の最後で無視できない間違いをした時には、ガックリです。

次に、1stパートをクリック音と録音したばかりのbackingパートを聴きながら録音していきます。
きっちりとbackingパートが弾けていないと、1stパートを重ねていくのは大変やりづらいものです。
そんな時は、backingをやり直したほうが、音楽に近付くことができます。
※クリック音とbackingがピッタリ合っていればクリック音は聞こえなくなります。

いい練習になりますよね。

そして最後に、2ndパートを録音済みの二つのパートを聴きながら、さらに重ね録音をしていきます。

完璧に最初から最後まで演奏できるものではありませんので、落としどころも大事なものと思います。
「このフレーズ失敗したけれど、まぁいいや」って。
・・・でないと、全然前に進んでいけなくなってしまいますからね。

こうして、iPodには少しずつ、自身の演奏曲が増えていきます。
それを聴くのは恥ずかしくなるような箇所も多々ありますが、けれど聴き直すこともいい練習になることは間違いありません。

画像は昨日の「Line For Lyons」をiPodに同期させたものです。
f0079343_1351516.jpg
曲数を増やしていき、一枚のCD作成まで辿り付くことが目下の目標ですね。
[PR]

by Sammy1947 | 2012-03-20 09:52 | 音楽 | Comments(0)  

地域の研修旅行に参加

3月4日・5日と、富山県氷見方面に行ってきました。

途中、一般道から砂浜道に降りて走行いたしました。

僕は初めての経験でした。
このようなドライブウェイ、この旅行に参加した多くの人は知っていましたが、僕は知りませんでした。
面白かったです。

千里浜なぎさドライブウェイ(ちりはまなぎさドライブウェイ)は、石川県羽咋郡宝達志水町今浜から同県羽咋市千里浜町に至る延長約8kmの観光道路です。
f0079343_5181981.jpg


f0079343_5194364.jpg

日本で唯一、一般の自動車やバスでも砂浜の波打ち際を走ることができる数少ない道路として知られています。
一般の自動車や大型車が走行できる理由はこの海岸の砂が特別細かく締まっている(水分を吸って固くなる)ため、普通の砂浜のように沈まないためだそうです。
楽しい走行でした。

二日目には、富山県高岡市にある瑞龍寺(ずいりゅうじ)に行ってきました。
曹洞宗の仏教寺院です。
絢爛豪華ではない良さ、質実剛健で落ち着いた佇まいの素晴らしい寺院でした。
f0079343_5425818.jpg


f0079343_5332878.jpg


f0079343_53509.jpg


f0079343_534248.jpg


f0079343_5364165.jpg


f0079343_5374582.jpg


f0079343_5384914.jpg


f0079343_539492.jpg


f0079343_5404442.jpg


f0079343_541522.jpg

[PR]

by Sammy1947 | 2012-03-06 05:43 | ツレヅレ | Comments(0)