<   2011年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

感動のコンサート

一昨日、知人に誘われて西宮の芸文センター大ホールに行ってきました。

コンサートのタイトルは

~ 和 の 鼓 動 ~。

神戸“松村組”で活躍後、今年独立した和太鼓の奏者「木村優一さん」のコンサートでした。

舞台中央に直径1mの大太鼓がドンと据えられ、少し離れた右側に和ドラムス(僕なりの表現)とでも呼べるような・・桶太鼓(バスタムタム風)と小太鼓(スネア?タムタム?)と銅鑼(シンバル)がセットされ、左側にマリンバ(共演者とのコラボ)が二台セット、というシンプルな楽器構成でした。

最初お誘いを受けたとき、和太鼓コンサートかぁ、祭りのだんじりの鳴り物とか嫌いじゃないのですが、イマイチ乗り気になれませんでした。

大太鼓のソロからステージは始まりました。
一段高く置かれた大太鼓に階段で上がり、和太鼓特有の型(フォーム)で構え、先ず一振り・・・ドーン~~

あの2千人収容の大ホール一杯に一つの打音が鳴り響きました。
「輝月(こうげつ)」という曲の始まりでした。
10分くらいのソロ曲、下半身のフォームを崩さずさまざまな打法で一気に叩ききりました。

一曲目から徐々に面白いなぁと興味が湧いてきました。

二曲目ソロは、和ドラムスで色々な音色を楽しませてくれました。

次にマリンバのソロ曲があり、
ソロの次に、和太鼓とのコラボが始まりました。

この頃から、見入っていました、聴き入っていました。

一番入り込んだのは、マリンバ二台とのコラボで
「ティコティコ」「エル・クンバンチェロ」の演奏でした。

見事なものでした、洋ドラムスに勝るとも劣らない音色とリズムの躍動・間合い!

心が震わせられたひと時でした。

近頃音楽に囲まれた環境故、音楽に対してマンネリ?音に対して鈍感?

このコンサートでそんな忘れてかけていた音の楽しみを、久し振りの感動を味合わせてもらえました。

木村優一さんの今後の活躍に期待大!です。
[PR]

by Sammy1947 | 2011-12-15 10:46 | 音楽 | Comments(0)  

エレアコに改造しました

一昨日も本番(地域会合忘年会での依頼演奏)で使っていたアコースティックギター(K・Country)を、エレアコ仕様(PUの取付け)に改造いたしました。
レッスンに通っている楽器屋さんに取り付けてもらいました。

ボディ内の右上に、電池収納がされています。
f0079343_2128750.jpg


ボディサウンドホール上側にボリューム・トーンダイヤルが取り付けられました。
f0079343_2129011.jpg


f0079343_21292943.jpg


f0079343_21295181.jpg


ボディ内の配線です。
f0079343_21304010.jpg


エンドピンをアンプに繋げるエンドピンジャックに換えました。
f0079343_21311414.jpg
これで出来上がりました。
先生に、弦交換をしないとダメですね・・と、痛いところを指摘されてしまいました。
ついつい面倒臭くて後回しになっていました、ギターを持ち帰った当日に早速新弦に交換いたしました。


ポータブルレコーダーを入手しました。
Victorののレコーダーです。
f0079343_21314850.jpg

機械に弱い者に取って扱いやすい機種です。

まず押し釦類が日本語表示であること。
チューナー(目視だけでなく音も出ます)・メトロノーム機能が付いていること。
小さいながらスピーカーも付いていること。
伴奏ギターを録音後に重ね録音でメロディも録音できて、次にパーカッション等・・と、最大10回まで重ねることができます。
これによって独りで様々なパートを重ねて1曲を仕上げることができます。
レコーダーのネーミングがいいです、『レッスンマスター』LM3(LessonMaster)。
取扱説明書の字が大きくて読みやすいです。

早速、今日のギターレッスンに持参して、第1曲目としてTaichi先生に重ね録音で見本を入れてもらいました。
曲名は“Hula Girl”
先にアルペジオを中心とした伴奏パートを録音。
そしてメロディパートを重ねてもらいました。
メロディもテーマとアドリブ両方を演奏してもらいました。

独りで仕上げた先生の“Hula Girl”、とても心地よい曲に仕上げてもらいました。
本当に素晴らしいです。

これを使いこなし、腕も上げていかなければ・・・。
[PR]

by Sammy1947 | 2011-12-12 21:33 | 音楽 | Comments(0)