<   2009年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

レッスンは汗を掻きなお続く

昨日もアコースティックギターレッスンの日でした。

この一週間、ずっとテンポ取りで悩んでいます。

10年も前にメトロノームを購入しながら殆ど利用していませんでした。
そのメトロノームで面白い発見がありました。

楽器のストローク練習ではなかなか合わないので楽器を手離し、もっと基本である「手を叩いて」合わせてみることにしました。
これまたなかなか合わないのです。

《メトロノームでの面白い発見とは》
しかしたまに合いますと、メトロノームのカチッ・カチッ・カチッ・カチッ
、という刻み音が消えてしまうのです。
そしてズレが生じてくるとまた刻み音が聞こえ始めるのです。
・・・ということは、刻み音が消えた時がテンポを合わせられているということなのです。
これまた至難の業でその刻み音を1小節4拍とて消すことが出来ないのです。
こんなにも正確なテンポって難しいものなのかと思い知らされています。

そんな一週間を過ごして昨日のレッスンに臨みました。

また先生とのデュオレッスンです。
二台のギターのデュオ練習曲DEPAPEPEの『START』です。
曲の導入部分イントロAとイントロBの練習です。
A部分は数回の繰り返しで何とかクリアできました。
B部分で躓いてしまいました。
A部分は単音、B部分はコードでのピックストローク(かき鳴らし)なんです。

テンポに加えて次にはストロークに指摘がされました。
ボクのは右手の振り幅が小さ過ぎると指摘されました。
もっとギター全体を鳴らすことが出来るよう振り幅を大きく(両端の弦よりさらに3Cmずつ超えるくらいの大きなストローク)するよう指導されました。
振り幅を大きくすると音量の安定感を得るのに難しさが出てきます。
大きな音が鳴ったと思えば次は小さくなってしまったり・・と。
そこへ更に16ビートでのアップダウンストロークにも指摘がされました。
「シャッフル」と「フラット」のストローク奏法。
その両方を弾き分けられるようにならないといけない。
ボクのは「シャッフル」オンリーであると。

次から次へと指導が出てきます。

これまでギターはクラシックギターでもアコースティックギターでも我流で長い間やってきました。
クラギはKGMCで先輩からその基礎を学んだだけです。
その他の全ては我流。
そのツケを払い正しい方向への再出発の時期が今来たということです。

指摘の一つをマスターするだけでも大変な作業・練習量が必要なのに加えて二つ目・三つ目と問題点が明らかになってくると頭の中も整理していかねば全てどっちもつかずということにもなりかねない。

このDEPAPEPEの『START』を練習曲に希望したのは自身。
イントロ部分で多くを指導され、メロディに入るところまでまだまだ到達できそうにありません。
今学んでいること、一つ一つクリアしないと次はありません。
何とかモノになるよう取り組んでいきたく気合を入れななおしています。

DEPAPEPE『START』という曲をご存知ない方は、一度「You Tube」にアクセスして聴いてみてください。
軽快な曲で聴き易い曲ですよ。
若い彼ら二人は神戸の灘区と須磨区の出身のアコースティックギターデュオです。
[PR]

by Sammy1947 | 2009-02-24 07:10 | 音楽 | Comments(2)  

アコースティックギターレッスン

今日の午前中はアコースティックギターレッスンでした。

前々週のレッスン日に先生へリクエストをしました。

神戸のギターデュオ“DEPAPEPE”(デパペペ)の曲集からの1曲です。

ネット注文でその曲集が札幌の楽器屋さんから届いたのが、前々週。

希望曲の“START”をコピーし先週のレッスンで先生に見てもらいました。

それまでにYou Tube!で何度も演奏確認をしました。

画像で演奏を見聞きしている限りでは少し練習すれば何とかなりそうな感じを持っていました。

譜面を目にすると・・・!?!・・・。

結構厄介な箇所が何箇所も目に付きました。

果たして弾けるんやろか・・・。

先週は弾き方のコツを教えて貰ってこの一週間自宅練習に励みました。

イントロからAG1(アコースティックギターパート1)でAメロが終るところまでの予習練習でした。
その間AG2はコードでの伴奏が続きます。
コードであれば何とかなりそうとAG2を受け持たせてもらいました。
(後半部に大変な箇所があることを解っていませんでしたので・・)

指定されていた箇所まで予習はほぼ順調に出来ていたつもりで、今日のレッスン日でした。

先生とのデュオが楽しみで、レッスンに行ってきました。

マンドリンアンサンブルで長年合奏を経験しているので合わせ演奏にはある程度自信も持っていました。
しかしそんな自信は見事に吹っ飛ばされてしまいました。

イントロ部分は何とかなりましたが、その後の先生のメロディに対してボクのコード伴奏が合わないのです。
ここで躓いていては後半部分まで進める訳がありません。

先生は遥か年上の親父位の生徒に厳しく言い難いのでしょうか・・メトロノームを持ち出してきて再度挑戦です。

それでもなかなかリズムとメロディが噛み合いません。

来週、またこれを繰り返し練習をして次の部分に進めて行きましょうということになりました。


帰宅してから、10年も前に買っていたメトロノームを出してきて、復習をしました。

よ~く解りました。

ボクのコード伴奏では先生は弾き難かっただろうなあ・・・と。
かなり自信を持っていたリズムとテンポ。
全くダメでした。
一気に自信喪失・・・?
なかなかメトロノームの刻む音に自分の出す音がはまってくれません。

しかし今日はいい練習になりました、いい反省点を得ることができました。
ここ暫くは、徹底的にメトロノームと格闘しようと決めました。
この際、リズム感・テンポ感を何度も何度も何度も反復を繰り返し身体に叩き込もうと思っています。

近い内に、「この人の伴奏は弾き易いなあ」と思ってもらえるようになるまで頑張ろうと決心した次第です。

その後にもっと大変なAG2のメロディが待ち構えています。
これまた頭を抱えるような譜面です。
半年後にはそれらをクリアできて気持ちいいデュオが出来れば嬉しいがな・・と思っています。

軽く弾きこなしているように見えるプロの演奏の凄さを身近に感じた一日でした。
[PR]

by Sammy1947 | 2009-02-16 21:35 | 音楽 | Comments(0)  

Fried Pride 10th Anniversary

昨晩(昨夕)は、合奏団で親しくしていただいている先輩のお誘いで当記事タイトルのLIVEに行ってきました。

この先輩にご一緒しての、このジャズユニットのLIVEは三回目。

いつも望外の満足感を得て帰途に着くことができるユニットです。

結成10周年、いつものライブハウスとは違い今回は「梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ」での公演でした。

記念LIVEということもあり、スペシャルゲストに「宇崎竜童」さん、そして「押尾コータロー」さん。

熱狂的なファンも多く駆けつけて来ていました。
もちろん我が先輩もその一人・・・。

ジャズシンガーのShihoちゃんと超絶技巧のジャズギタリストの横ちゃんのデュオユニットです。
音楽はムロン、衣装・ステージスタイルも洗練されたお洒落なユニットです。

Shiho流独特の歌いまわしも(MCも)もちろんとても素敵なのですが、ボクの目当てはいつもながらの横ちゃんのギター・・・。

凄いギターテクニックをベースに、彼独特の「リズム」に特化したスゴイ演奏を繰り広げてくれます。
あのリズム感!・・スゴ過ぎます。

いつも二本のギターを使い分けています。
一本はナイロン弦のエレアコ、もう一本は虎杢目も見事なエレキギター。
右手のどの指も縦横無尽に動き回っていますが、特に親指が目を惹きます。
親指のベースラインに見事なシンコペでのコードをはめ込みワクワクさせてくれます。
オマケに爪・手の平の腹での打楽器にもギターを変身させます。
その全てのテクニックを駆使し曲はどんどん進行・・、見て楽しく聴いてノセられ・・いい時間を演出してくれます。

15周年・20周年とどんどん進化していって欲しい、応援したいこのデュオユニット・・・これからも見逃せません!
[PR]

by Sammy1947 | 2009-02-01 09:52 | 音楽 | Comments(0)