<   2008年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧

 

90周年エピローグ

昨日1月14日、90周年実行委員有志数名で、大栗先生への記念演奏会報告を兼ねて墓参に京都を訪れてきました。

参加者は、O実行委員長、指揮者のK先生、チェロのSさん(S37年卒部)、S委員(奈良)、S委員、と事務局の私の6名でした。

雪がチラホラ舞う京都に着いたのは午後2時前。

駅の近くの花屋さんを探し、そこから市バスに乗り金閣寺道停留所で降車しました。
この連休はこの冬一番の冷え込みであり、京都は流石に寒い。

山の中腹にある墓苑を軽い登山感覚で訪ねました。
暫く山の小径を歩くと目的の墓苑に着いた。
歩くことの少なくなった身体には僅かながらうっすらと汗が・・・。
f0079343_10503071.jpg

墓地の案内板で先生のお墓は直ぐに分かりました。
f0079343_10511725.jpg

花瓶の水を替え、新しい花をお供えし、年長順に6名の教え子達がお参りをさせてもらいました。
f0079343_10505430.jpg

それぞれの祈りが長い・・・先生にお伝えすべきことが昨年の記念演奏会で数多くあったのでありましょう。
f0079343_105148100.jpg

f0079343_1052070.jpg

f0079343_10522139.jpg
f0079343_10523478.jpg

f0079343_1052454.jpg

f0079343_10525854.jpg

f0079343_10531853.jpg

f0079343_10533157.jpg


墓参を終え、少し京都の街中を散策しようとバスには乗らず駅方面に向かって歩きました。
皆の目は京都独特の風情を感じる小料理屋を探しているのである。
小一時間歩きうってつけの店を見つけ、夕食時間には少々早いが宴を持ちました。

宴席では年長のクラブOBのSさんの昭和30年代半ばのハチャメチャなクラブ生活を聞き皆で大笑いしました。
当時のクラブってのは多くの豪傑が存在したのだなあと感心させられもしました。

乾杯した時にはまだ陽が高かったがオヒラキ時にはとっぷりと陽も暮れ、帰り際軒先の日本庭園に寒椿が赤い花を得意気に着けていました。
f0079343_66046.jpg


この昨日の墓参を以って昨年開催した記念演奏会の全ての行事が終ったことになります。
[PR]

by sammy1947 | 2008-01-15 10:53 | KGMC90周年記念行事 | Comments(0)