<   2006年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 

【KGMC 90th Anniv.記念事業打合せ推移】②

【KGMC全OB/OG宛『ご案内文』郵送発送作業】
7月29日(土)14:00、篠原会館集合。
Bassman委員長、Sammy会計、I委員、S委員、N委員の全委員5名と、本日の発送作業の助っ人を奇特にも買って出てくれたハイライツのJohan.Richard.Georgeの3名(感謝感謝であります)、計8名が集合した。
大栗先生作品のCD音源をバックに流し発送作業は始まった。
ボクを除いた7名(スミマセン、ボクは勤務日で事務所に居る必要があったもので・・・)で、A4案内文2枚を三つ折にして、返信用ハガキをセットし、長3封筒に詰めていった。
f0079343_21115659.jpg

詰め終わった段階でひとまず休憩を取った(15:00)。

暫くの休憩後、全OB/OGの住所のタックシールをチェックする組3名と、チェック済みのタックシールを封筒に貼る組4名に分かれ順調に事は運んでいった。
f0079343_21122076.jpg
f0079343_21123485.jpg

最後に投函枚数を調べた結果、卒部が昭和ひとけた台の大々先輩の方々から、今年卒部されたフレッシュOB/OGまで総数655枚(内Air便3枚)を数えた(16:30)。
今日の3名の応援のお陰をもって、予定よりかなり早く作業を終えることが出来たのはありがたいことであった。
ダンボールに入れ、来週の月曜日か火曜日に郵便局に持って行き投函予定となっている。
これを以って、全OB/OGさん達へのご案内が出来たことになる。
さてどれだけの方々のご賛同を得、この大きな事業に対してGo Signが出るのか否かは返信ハガキの締切日の8月31日を待たねばならない。
兎に角賽は投げられた。
我々委員一同、いい答えが出ることを願うばかりである。

17:00に阪急六甲の居酒屋に入り、Richard.Georgeを除いた6名で皆様のご賛同を得ることを心より願い乾杯をした。
[PR]

by Sammy1947 | 2006-07-29 21:13 | KGMC90周年記念行事 | Comments(0)  

【裏庭の真夏の兆し】

今朝も蒸し暑さは変わらないけれど、やっとこの長雨も一段落、時折陽射しも垣間見えたりしている。
シノ(愛犬)の朝ごはんに裏へ出て、器の水を新しいのに取り替えている時、ひょいと木に目をやると、蝉の抜け殻を見つけた。
今夏第1号である。
f0079343_99341.jpg

その木の地べたを見るときっちりと穴が一つ二つ空いていた。
その抜け殻の辺りを探してみると、葉っぱの裏側にクマゼミが羽を乾かしているのか、飛び立つ前の一休みなのか一匹がジッとしていた。
この抜け殻の主なんだろうネ。
f0079343_98473.jpg

f0079343_992054.jpg

今日から僅かの期間、この狭隘な裏庭から30匹くらいの蝉が羽化して夏を彩ってくれる。
毎年のことである。
[PR]

by Sammy1947 | 2006-07-25 09:11 | ツレヅレ | Comments(0)  

【OMS練習7月第4週】

今年の梅雨は、週間天気予報を見るたびに雨の日が後へ後へとずれていく執拗な梅雨である。
もう雨もいい加減にして欲しいと言いたくなる。
家の中も身体も何となく湿っぽい。
今日の天気予報は「曇りのち雨」。
OMSの練習日も雨に付きまとわれているかのようである。
ハイライツの練習日は割合好天に恵まれていると言うのに。
Johanが桃山台駅からのバスの発着表を調べてくれていた。
毎時15分と45分の2本に乗れば、殆ど歩くことなく練習場に辿り着く。
今朝は雨のことも考え11:15「桃山台駅」発のバスを狙い10:00に家を出た。
桃山台駅に11:00過ぎに着き、空を見上げると今にも降ってきてもいいような曇り空であった。
20分弱の徒歩の間は大丈夫かなと、歩くことに決めた。
昼食の〔喫茶ドラン〕に着くまで空は待ってくれた。
天気の鬱陶しい日は気分まで滅入るのでイヤだ。
早く着いたので練習開始までゆっくりと食事とお茶の時間を持てた。

【練 習】
天気の悪い割りに今日の出席率はかなり高い方。
13:00過ぎにK指揮者の棒の下、音出しを開始。
前回練習に録音した『ウェスタン』の中でK指揮者が気になるところを見つけたとかで、〔リリース・ミー〕と〔シティ・ライツ〕の2曲を懇切丁寧に指導された。
10数小節いくのにどれだけの時間を費やしたことか。
僅か1曲3分余りの曲2曲に1時間以上も掛けて修正をしていった。
こういう練習を繰り返すことによって、いい演奏に繋がっていくんだなと・・・、しかし指揮者もそうでしょうが、弾く方にもかなりストレスの溜まる時間帯であった。
14:15から14:30まで15分間の休憩を取り、次に〔組曲/道化師〕にかかった。
この曲は面白い曲で好きではあるが『ウェスタン』ほど容易くはない。
10曲のうち、番号順に前半4曲〔プロローグ〕〔ギャロップ〕〔マーチ〕〔ワルツ〕を練習した。
どの曲も、聴衆の想像もつかない音の連なり、リズムの連なり、コード進行(作曲者のカバレフスキーの頭の中ってどんなんやろ?)・・・、だからこそ面白い。
今回の練習では自己練習も励んでいたこともあり、ボク自身は大分着いていけるようになっているのを実感できた。
この4曲に相当時間を掛け、終ったのが16:00ころであった。
今日の練習はこれにてオシマイ。
次回練習は、丁度お盆の最中(8/13)であるが練習はするとのこと。
この練習は参加者が極端に減るだろうな。
ボクも出席は危ういと思っている。

今日も、放課後のビールタイム、ティータイムには参加せずに権ちゃんと帰宅を急いだ。
天気予報どおり、きっちりと雨の中を傘をさしての帰路だった。
昨日、今日と価値ある二日間の練習であった。
[PR]

by Sammy1947 | 2006-07-23 18:33 | 合奏団いろいろ | Comments(0)  

【KGMC 90th Anniv.記念事業打合せ推移】①

【KGMC 90th Anniv.記念事業】として『関西学院大学マンドリンクラブ90th Anniversary Concert』を計画し始め、既に数回の打合せを持った。
その推移を記録しておきたい。

数年前から暖めていたこの計画が実現に向けて動き始めたのは今年に入ってからのことである。
アンサンブル・ハイライツというマンドリンアンサンブルを2001年に立ち上げたことから、先輩方・同窓・後輩達とのお付き合いの輪が一気に拡がった。
今年に入るまでに、先輩のドラの達人との話の中でこの計画を話してみたところ、これも先輩のMr.Bassmanに伝わり、話を聞きたいと言って貰った。
この計画原案を前にして二人で話したところ、Mr.Bassmanも我が意を得たりとばかりに「やってみようやないか」ということから、現実味を帯び始めた。

2006年4月1日(土)
現実味を帯び始めた第1回目会合と位置付ける日である。
この計画に関して大いなる賛同者になってもらうべく、KGMCのOB会の会長である大先輩と、このOB会を世話し続けてくれている後輩のお二人に声を掛け、仁川で4名で集まった。
この日は、第1次原案を元に話を進めていった。
新しいお二人からも大きな賛同をいただき、酒を酌み交わしながら4名で熱っぽく語り合った。
第1次原案から打合せの中で大きく変わったことは、開催会場の変更である。
『大阪フェスティバルホール』⇒『兵庫県立芸術文化センター大ホール』である。
それから各年代を代表するような実行委員構成をしたいことから、後輩のOB会幹事が人選をしてくれることになった。

2006年4月9日(日)第2回目会合
OMSの練習後、先輩のMr.Bassmanと二人で四ツ橋厚生年金会館へ向かった。
この日は、学生組織の『阪マン連』のコンサートが開催されていた。
KGMCを技術指導されている先述のOB会会長がこの会場におられ、『兵庫県立芸術文化センター』の資料を我々に渡してもらうことになっていた。
4月1日のメンバー4名でOB会長の説明を聞き今後の予定を探った。
OB会会長は先に帰られたが、残った3名でクリスタ長堀の「蕎麦屋」で色々と話し合った。

2006年4月27日(木)会場説明会及び見学会出席
Mr.Bassmanと二人で阪急西宮北口駅南側の『兵庫県立芸術文化センター大ホール』の説明会及び見学会に参加してきた。
会場申込から決定、そしてその後に至るまでの流れを聞いたがまぁなんと手続きの複雑なこと・・・(初めての申込は仕方がないらしい)。
そして大ホールの見学会。
このセンターには、行かれた方はよくご存知だろうが〔大ホール〕〔中ホール〕〔小ホール〕の三つの会場がある。
説明会当日は約30組余りの利用予定者が参加していた。
会議室での説明会を終えた後、それぞれが利用するホールに別れ見学会がなされる。
〔大ホール〕見学会に参加したのは我々を含めて、僅か2組であった。
やはり2000名からの座席数を誇る会場を利用する音楽団体は限られるようである。
『フェスティバルホール』に思い入れがあったボクも、この新しくオープンされた会場を実際目の当たりにしてしまえば感動を覚えるホールであった。
今年10月初めの予約申込日に二人で再度訪れることになる。
この日、ボクが公開しているEHブログとこのブログの両方に初めて『90周年事業』の公告を掲載した。

2006年7月1日(土)第3回目会合 於西宮北口
この日が実質の実行委員会立ち上げの日となった。
後輩のOB会幹事に動いてもらい、若手の委員が2名初参加した。
実行委員として、Mr.Bassman、OB会幹事、若手2名、そしてボクの5名で今後実行に関すること全てをやっていくことになった。
年代で言えば、S40年卒、S46年卒、S58年卒、H1年卒、H12年卒の5名となった。
この日の打合せでは、第2次原案を提示して、大枠に関して殆ど決めていった。
実行委員の各持ち場、開催日、全OB・OGへの案内文、名簿整理、会費納入のための新規口座開設、参加会費、演奏曲目、パンフレット等々である。
そして実行委員のほかに技術委員を置き、そこにはOB会会長とS40年卒の先輩のお二人にしていただくことを決めた。
技術委員は、コンサートにかける曲の仕上げに関する全般を見てもらうこととなった。
この日の打合せは、大事なところは酒を断って『喫茶店』で、大枠が決まったところで場所を変え『居酒屋』でこのイベントが実現できることを願い乾杯をした。

2006年7月9日(日)印刷発注
OMSの練習後、Mr.Bassmanと二人で印刷関係の発注を済ませた。
全OB・OGへの「ご案内状」700部、「返信ハガキ」700部、「長3封筒」1000部である。

2006年7月13日(木)現役との打合せ
一番若手委員が学院を訪れ現役幹部との打合せをしてきてもらった。
内容は、練習場の件、譜面調達の件、現役ステージの件の3点である。

2006年7月15日(土)第4回目会合 於西宮北口
この日は実行委員と技術委員の初顔合わせ会合であった。
S58年卒の委員が仕事の都合で欠席の他、全6名に今年卒部のOGが話を聞きたいとのことで7名での会合となった。
技術委員に対して、今までの経過説明、進捗している中で重要なポイント等再度話し合った。
また若いOGからの質問等にも答えていった。

全委員、実現に向けて熱意を持ってこの事業に関わって行くことを確認できた会合となった。

《今後のスケジュール》
7月29日(土)発送作業
出来上がった印刷物を封筒に詰め発送準備(650部)を実行委員5名で行う予定。
8月上旬に投函予定である、これをもって全OB・OGにこの事業を告知することになる。

8月31日(木)
記念コンサート参加者受付締切日。

※今後の進捗もこのブログで公開してまいります。
[PR]

by Sammy1947 | 2006-07-16 17:10 | KGMC90周年記念行事 | Comments(0)  

【OMS練習7月第2週】

今日は7月度第1回目のOMS練習の日である。
昨日の疲れもあり、家を早く出ていつもの喫茶でゆっくりしようと11:30には店内に居り、またまたピラフとアイスコーヒーを注文した。
疲れがあるから家でゆっくり、とはしないんですね。
桃山台駅から練習会場まで、時間があるからトボトボと歩いた。
もう蒸し暑くて蒸し暑くて、早足での汗の噴出を避けるためなのです。
それでも真ん中辺りでポトリポトリと滴り落ち出した。
雨の日よりマシか、と思いながらの道中でした。
会場係の権ちゃんはボクより早く既に店内に着いていた。

権ちゃんのケイタイにG君からメールが。
「練習会場付近まで来ていましたが、ギターを持って来るのを忘れたので取りに帰ります。少し遅刻すると思います」
そんなことがあったにも拘らず練習開始の13:00になる20分前にはG君駐車場に到着していました。
しかしギリギリ練習前の到着だったので駐車場も満車状態、無理に僅かな隙間に車を入れようとガリガリ・・・!!
左の後部ドアと後部バンパーあたりが無残な結果に。
なんと駐車場ポールのチェーン用フックに押し付けてしまい後部ドアが50Cmほど金切りバサミで切ったかのように穴があいてしまってました。
G君最悪の日になってしまいました。
無事に帰れたのでしょうか。
この一ヶ月余りにも仕事が忙しく、やっと音楽に復帰できたけれど、そこへきて昨日がいきなりハイライツの本番、それも最後の最後でアンコール曲でのギターソロの担当、精神的にも疲れていたのでしょう。

【練 習】
今日の練習はまずウェスタン曲から始った。
今日新たに新曲1曲が配布された。
全6曲の内の5曲を細部もチェックしながら通し練習。
通した後、ウェスタンでのゲストの方に音源を送るため録音開始。
曲目は①City Lights ②A Mansion On The Hill ③One More Time ④It Wasn't God Made Honky Tonk Angels ⑤I Love You Because の5曲である。
1時間半ほど掛けてこれを仕上げ、休憩に入った。

次に練習したのが〔天国と地獄序曲〕。曲の最初からの練習ではなく、団員が演奏に梃子摺っている部分からの練習を開始。
そこから終曲部まで辿り着いた。
ここまでの練習ではボク自身は特に問題も無く、このままモチベーションの高まりを11月の定演に合わせればいいであろう出来であった。
次の練習が〔組曲道化師〕の10番Epilogue、長い間弾いていなかったこともあり初見の時に戻ってしまったかのようなボク自身の演奏。
これはマズイ。
もともと道化師は変則リズムが売りであり、完全にその術中にボク自身ハマリ込み右往左往の四苦八苦であった。
道化師には本当に気を付けないとダメだ。
甘く見ているわけではないけれど、道化師に手玉に取られている。
右往左往の演奏から早く脱却を図ろうと思い直した次第です。
16:00に本日の練習は終了しました。

昨日の疲れがまだ取れていないので、練習後KGMC90thAnniv.の打合せをO委員長とユリさんと20分ほどしてからティータイムには参加せずに帰宅を急ぎました。
本日未明(7/10未明)のドイツW杯決勝戦フランス×イタリアを果たしてTV観戦出来るでしょーか。
[PR]

by Sammy1947 | 2006-07-09 19:29 | 合奏団いろいろ | Comments(0)  

【喫茶『連』LIVE】

今日はまともな梅雨日和って言うのも変?
会館出勤後、いきなり大雨、濡れなくてよかった。
その後、薄日がさしたと思えばまたまたどしゃぶり・・・。

Johan、RichardとのJR六甲道駅の待ち合わせに会館を出たのが17:20。
15分ほどの道すがら何とか傘を差さずに駅に到着。
そんなに待つことも無く二人も到着した。
駅からLIVE会場の喫茶まで歩いて直ぐのところである。
今日のLIVEを教えていただいた先輩のUedaお姉さまから「LIVEは19:30からだけど直ぐ満員になるので19:00くらいにはお店に入ってネ、それまでに夕食も済ませておいた方がいいよ」と、ご親切に言っていただいた。
先輩の言われることには従順で、3人で喫茶近くの<お好み焼き屋>に入り、焼きそばと生中を頼んだ。

【喫茶『連』LIVE音出し】
喫茶に入店したのが、18:30だった。
言われていたより少々早目の入店だったので、好きなテーブルを選ぶ余裕もあった。
LIVE開始まで1時間もある。
付き出し(さやえんどうの胡麻和え・クラッカー・おから)にバーボンの水割りでグダグダ喋っていると、まもなくUedaお姉さまもお姉さまと二人でご来店なさった。
先輩とご挨拶を交わし、本日出演のデキシーランドジャズのベースマン(実はこの方、ボクの近所の方である、こんな方が近所におられたとは、ホントに歩いて数十歩の近所なのである)、人気の伯父さんのウォッシュボードの方たちと、ユニット編成の話などをしていると、徐々に本日出演のメンバーさんも全員揃ってきた。
まもなく本番と言うのに、ジャズメンらしく皆さん砕けた雰囲気がなおいい。
最後にこれまた一応KGMC出身の1年先輩の今ではジャズバンジョーに傾倒されているH川さんが登場(仕事が忙しかったらしくギリギリの到着)。
バンジョー・クラリネット・トロンボーン・ピアノ・ドラムス・ウォッシュボード・ウッドベースの7人の楽器編成である。
バンジョー登場と同時に、デキシーは始った。
〔ハロー・ドーリー〕〔フライ・ミー・ツー・ザ・ムーン〕〔オール・オブ・ミー〕などお馴染みの曲を次から次へと演奏されていった。
殆ど譜面も見ずに手馴れた演奏の数々、楽しかった。
ノリが命のこのジャンルの音楽、生き生きとした楽しさが堪らない。
モチロン、私たちのように譜面が命のような音楽もまた違った良さはあるのですよ。
ウーン、でもやっぱりこっちの方が楽しさでは勝ってるよな、残念ながら・・・。
マンドリンアンサンブルでこんな雰囲気を醸し出せるのは知ってる限りでは東京の「エレクトリック・チェア」くらいかなあ。
心底リズムを身体で体現できるようにならないと、この味は出せるものでもないよね。

今日のステージは、19:30、20:30、21:30の3回。
1ステージ35分で終わり、まだ仕事の残っているボクは他の二人と共にお店を後にした。
H川バンジョーさんに、今度は練習会場に寄せてもらうことを約束し、もう少し聴いていたい気持ちを抑え、今度は大雨の中会館への坂道を登って行った。
またまた楽しい時間を過ごせました。
[PR]

by Sammy1947 | 2006-07-05 23:01 | 音楽 | Comments(0)  

【KGMC 90th Anniv.Concert実行委員会立ち上げ】

7月1日(土)
今日はアンサンブル・ハイライツ(略称EH)の大阪での臨時練習日である。
10:15に家を出て会場に向かった。
その内容はThe ensemble hi-litesブログでご覧ください。

練習後の宴会を欠席するのは記憶では始めてのことか。
KGMC 90th Anniv.Concert実行委員会立ち上げの第1回目の会合があるために、練習後の宴会に強烈な後ろ髪を引かれながらハイライツホールを後にした。
阪急の西宮北口駅に集合の18:00の15分前に到着。
一番乗りを果たした。
西宮北口駅の西出口に集合をかけたのはボクだったが、なんと西出口なんてものは存在していない。
まあそこはさすが関学のOB、北出口に全員5名が時間通りに集合できた。

本当はアルコール入りで『90周年記念コンサート』の打合せ第1回目を催したかったが、来年催し予定のこととは言えタイムスケジュールを逆算すると話し合わなければならないことが山積みである。
アルコールは我慢し近くの喫茶でまず初対面のOBに挨拶をして会合は始った。
出席者はOMSのBassman(S40年卒)、KGMCOB/OGの連絡に長年労を煩わしているI氏(S58年卒)、初めて言葉を交わすS氏(H1年卒)とN氏(H12年卒)、そしてボク(S46年卒)の5名。
その他に技術委員が2名おられるが今会合にはお呼びしていない。
各年代が集まっているのが嬉しい。
これからこの5名を中心に実行できれば来年の10月までの期間限定プロジェクトチームと成る。

【打合せ事項】
①実行委員会委員名簿確認配布・役職決定
②開催日の決定『第1候補日2007年10月27日(土)午後開催・第2候補日2007年10月20日(土)午後開催』
③プログラム概要打合せ
④開催費用試算確認
⑤全OB/OG宛『記念コンサートご案内文』確認校正
⑥その他(案内印刷・練習場・練習回数・チケット・パンフレット・譜面etc)
以上6点に関して、細部まで多岐に亘って様々な意見交換をしながら煮詰めていった。
委員それぞれも忙しくそう何回も顔合わせが出来る訳もなく、会った時には具体的に事を進めていかないと後々影響が出てくることもあるので、皆真剣でした。

初顔合わせの喫茶前での写真。
f0079343_751661.jpg
打合せ後、場所を変え初顔合わせの杯の時間を持ったことは当然の成り行きであった。

委員若手の一人N氏が近々、このプロジェクトの為のHPも作成・公開予定であるので詳しくはそちらで触れてまいりたいと考えております。

OB/OG諸氏多くのご賛同・ご支援なしではこの大きな催しをやり遂げることは出来ません。
KGMCの来年90周年を、より多くの同窓の方々また現役の皆さんが一同になって祝うことを目標の一点に絞り、委員一同ぜひとも実現に向けて力を注いでいきたく思っております。
ご理解、ご協力宜しくお願い申し上げます。
[PR]

by Sammy1947 | 2006-07-02 07:52 | KGMC90周年記念行事 | Comments(0)