<   2006年 04月 ( 13 )   > この月の画像一覧

 

【KGMC90周年記念行事】

KGMCが創立されたのが1917年(大正6年)です。
そして初めての演奏会が催されたのが、1919年(大正8年6月21日)於青年会館でした。
演奏曲目は不明ですが、マンドリン10名、マンドラ2名、ギター3名の15名での演奏でした。
1920年(大正9年)に第1回定期演奏会が神戸でスタートしています。
KGMCの前身のマンドリナータ・コメンゼ(※コメンゼとはイタリア北部の湖の名)という名称でした。
演奏曲目等は不明ですが、当時の写真では25名くらいが映っています。
そして時を経て、1967年(昭和42年)に現役生による『創立50周年記念演奏会』が9月16日に83名で東京特別演奏会(於文京公会堂)と10月28日に神戸特別演奏会(於神戸国際会館)が開催されています。
(以上、『関西学院大学マンドリンクラブ50年史』より)

【KGMC90周年記念行事】
その後、40年近くが経過しましたが特に記念演奏会としては開催されておりません。
来年2007年がKGMCの創立90周年(卒壽)の年に当たります。
そこで【KGMC90周年記念行事】の一環としてOBを中心とした『90周年記念演奏会』を開催しようという動きが始っております。
会場は約2000名収容クラスの会場を選び、2007年の秋頃に大栗先生作曲の曲を中心にして開催したいものと思っております。
そう何度もこういった機会というものはありませんので、この機会に出来るだけ多くのOB/OGの方々のご賛同、ご参加を戴き、ぜひ実現させたいものと思っております。
まだまだ詳しいことは決まっておりませんが、そういった動きがあることを知って戴き、今年中には詳細のご連絡をOB組織である〔絃想会〕を通じてさせていただくことになるかと思います。
ご案内が届きましたら、また楽器を手に懐かしい皆様方と同じステージで音楽の喜びを味わい分かち合いたいものと考えております。
OB/OGの皆様方の奮ってのご参加を心より期待しております。
[PR]

by Sammy1947 | 2006-04-27 21:48 | KGMC90周年記念行事 | Comments(0)  

【4連休も最終日】

金:料理教室/地車保存会総会&決起集会
土:OMS訪問演奏&打上げ飲み会
日:OMS練習
月:そして今日。

4連休も最終日、あっと言う間に最終日ですわ。
昨日は千葉補選に東広島市長選・・・いずれも与党の敗北。
小泉路線にホツレが出てきたのかな、今後の日本が変っていく前兆なのかな。
いずれにしても小泉人気に翳りが出てきたのは間違いの無いことでしょう。
日本人は馬鹿馬鹿しいほど飽きっぽい国民性・・・、それにしても小泉路線も長く持ったよね。
裏を返せば、取って代わる野党も馬鹿馬鹿しいほど成長していないから。
政治の貧困がはっきりと出た5年間やったんかな。
それ以前はもっと貧困やったけど。

今日は一日何もしないでおこう。
寝たくなったら寝て、聴きたくなったらCD聴いて、弾きたくなったらギター弾いて、何か書きたくなったらブログを開け、腹も空けば飯を食い。

行きつけの喫茶のママから聞いていた。
就職先が決まった頃の話
「うちの次男坊、ヨシモトに入社決まってん」
「4/3が入社式で、新入社員研修では仁鶴さんが講義に来はってんて。それから新喜劇の台本貰って練習させられてんねん。息子は島木譲二さんの役になったんやて。なんで?って聞いたら、自分で選んだらしいよ、その方が台詞(せりふ)が少ないからやって。新喜劇練習の日に家に帰ってきたら胸が真っ赤になってるんよ。パチパチパッチン一生懸命やったからやて」
そんな会話をずいぶん前にした。

今朝のサンケイ新聞に、ヨシモト新入社員研修と題して結構大きな写真入記事が掲載されていた。
写真は新入社員がパチパチパッチンをやっているところ。
記事には他の企業もこの新入社員研修を注目しているとか書かれてあった。

やっぱりユニークな会社やねえ。
[PR]

by Sammy1947 | 2006-04-24 10:09 | ツレヅレ | Comments(0)  

【今日はOMS練習でした】

【練習前】
F君が今年初めにOMSを退団してから、ボクもOMSの練習会場にはそんなに早く行かなくなってしまった。
去年までなら、練習集合の13:00より相当早く11:30頃に会場近くの〔喫茶ドラン〕に行けばF君も必ず居たので、練習前のひとときを彼とゆっくりご飯を食べ、お茶を飲むのも楽しみの一つだった。

今日は久し振りに、11:30に喫茶に入った。
殆ど同時刻にG君が到着(彼はもっと早く来ていて会場準備をしていたようだが)、ほどなくRichardも着き、Johanも着きーの、で楽しい練習前の時間を過ごすことが出来た。

【練 習】
昨日はOMSの訪問演奏本番、今日はOMS練習、と二日続きのOMS詣でである。
昨日の訪問演奏でトークの切れ味鋭かったKさんの指揮で練習は始った。
第1曲目はマンドリンオリジナル〔ローマ・トリノ・シンフォニア〕。
この曲に関しては、今までで一番仕上げに時間を掛けられた。
各ポイントポイントの修正点の指導で曲を進めていき、休憩を挟みそのやり方で最後まで辿り着きそして全曲通し練習をした。
次に5分の休憩を挟み、〔愛のよろこび〕の練習。
同じ練習法で最後まで合奏練習は続けられた。

全体の合奏練習として、仕上げていかれたK指揮者は流石であったが、どーもボク自身はオカシイ。
以前のように弾けなくなってきている。
老眼鏡がなかったセイやろか?
歳で集中力が低下してきているのやろか?
完全な練習不足なんやろか?
どーも音符を見てもコード・単音とも反応が遅い・・・。
ミスを連発。
次回練習までには、事前自己練習に励んでみて頑張ってみようと思う。
この4月は仕事に大分時間を取られたから、練習不足なのはその通りなのだが・・・ね。
仕事も一段落ついたから、ギターにまた身を入れてみよう。

今日の練習は16:00前には終了した。
[PR]

by Sammy1947 | 2006-04-23 18:48 | 合奏団いろいろ | Comments(0)  

【OMS訪問演奏記】

【道すがら】
今朝は7:45に家を出て訪問演奏の目的地へと向かった。
阪急六甲駅7:58、三宮着8:08、神戸市営地下鉄三宮駅へ地下鉄8:13発、名谷着8:31。
地下鉄三ノ宮駅で、指揮者のKさん、Johanと出会い、一緒に向かう。
名谷駅までずっとKさんの独演会。
名谷駅で、Kajiyamaお姉さま、Julietも合流。
直ぐにバスがあり、出発を待つと同じバスにIkeda先輩も乗車、〔神の谷7丁目停留所〕へ到着した。
そこから徒歩直ぐに会場があり、会場入りが8:45だった。
すでに到着している人もかなりいた。
今日はOMSメンバー20名が集合であった。
9時過ぎからリハ開始、9時半にはリハも終了。

【本 番】
客席85席、先方の司会の方に紹介を受け、本日の訪問演奏を具体化されたUegaki先輩の挨拶の後、いよいよK指揮者が登場し演奏は始った。
まず1曲目「愛のあいさつ」を演奏。
「名刺代わりに先ず1曲目愛のあいさつを演奏いたしました。空席以外は満席の入りで・・・」と指揮者のKさんがお客さまのツカミに大成功。
ここからKさんのトークも絶好調、もともとトーク抜群のKさんであるが今日はさらにそれに輪を掛け切れ味も鋭く、皆さん大笑い。
こちらステージ上もトークを聞くお客さん状態であった。
今日の演奏曲は、2曲目以降次の通り、「帰れソレントへ」「青春の調べ第一部」「いつでも夢を」「小雨降る径」「テネシーワルツ」「旅情」、アンコールに「大きな古時計」の全8曲であった。
演奏終了は10:40であった。
演奏の出来は、Kさん曰く「朝の演奏にしてはよく弾けていた、ギター以外は・・・」とのこと。

【打上会】
有志9名で阪急六甲まで戻り、Julietに予約を頼んでいた〔喫茶レガース〕へ着いたのが11:50。
まだ昼前なのに一仕事済ませてきたからか、お腹もすいてきていた。
昼食前にビールで乾杯。
「レガース」でのいつものメンバーの他に、Kさん、Kajiyamaお姉さま、Uemura先輩、Tsunezoの4名が加わったので大層楽しい打上会になった。
よく話し、よく笑い、よく食べ、よく飲み、解散したのが15:30であった。
演奏後の打上げはいつも楽しい。

さて明日は『OMS』の練習日、また楽器を抱えて千里詣でとなります。
[PR]

by Sammy1947 | 2006-04-22 16:46 | 合奏団いろいろ | Comments(0)  

【OMSの訪問演奏】

今日は、午前中の訪問演奏を控えての早起きDay。
万が一寝過ごしてはマズイので久々の目覚ましをセット。
何のことは無い、目覚ましよりはるかに早く自然と目が覚めた。
これも歳のせいか。

今日の行先は西神方面の西落合というところ。
三宮で8:20発の神戸地下鉄に乗り「名谷」下車、そこでバスに乗り換え、会場へ。
全員集合してから、少しリハをやって10:00から本番が始るらしい。
本日の演奏曲は〔愛のあいさつ〕〔青春の調べ第一部〕〔帰れソレントへ〕〔いつでも夢を〕〔テネシーワルツ〕〔小雨降る径〕など8~9曲である。
11:00前には終るのであるけれど、早朝からの活動ということで、今日の午後から予定されている『アンサンブル・ハイライツ』の練習は中止となった。

陽が高い内に帰宅できそうである。
[PR]

by Sammy1947 | 2006-04-22 05:51 | 合奏団いろいろ | Comments(0)  

今日のスケジュール終了

【中華料理教室】
今日は生徒一人が旅行で欠席、生徒3人と先生1人の4人での教室だった。
メニューは、〔春筍と鶏肉と一味蒟蒻の煮物〕〔鶏肉・筍・豆腐の酢スープ〕〔茄子のそぼろ中華田楽〕の3品。
やっぱり旬の素材は美味しい。
楽しい会話と共に、殆ど何もしない黒一点のボクを加えて皆の食はドンドンすすむ。
いつも何もしないボクは「月に一回の昼食会やと思ってます」。
先生を含む3人が「それでイイんよ」・・・、と優しいお言葉。
そんなお言葉に甘えて、この教室も8年目になる。

【地車保存会総会】
春祭りを控えて、中華料理〔愛蓮〕での総会。
地元の会合ということでお店に歓待され、安い会費で呑み放題に美味しい中華に堪能した。
今年からの新会員さん3名が紹介され、総勢16名での総会。
終始なごやかな中に総会・懇親会は進んだ。
そーだな、このメンバーなら今後、会の運営は大丈夫・・・そんな楽しい会が持たれた。
この5月3日から始る春季大祭も、フレッシュな新会員さんを交えて、さらに盛り上がる〔だんじり〕〔猿田彦〕〔子供神輿〕〔お稚児さん〕を催せそうである。
ここまでくれば問題は天候のみとなった。
[PR]

by Sammy1947 | 2006-04-21 22:22 | ツレヅレ | Comments(0)  

【昨晩第1弾CDが届いた】

ギター弦、楽譜、楽器アクセサリー(譜面台・足台・チューナー等々)もよくネット通販を利用している。

昨晩ネット注文していたCD2枚が届いた。
新垣勉さんのCD『命(ぬち)どぅ宝-沖縄の心 平和への祈り』とクミコさんの20周年記念アルバム『クミコベスト:わが麗しき恋物語』である。
夕食後、聴いた。
『命(ぬち)どぅ宝-沖縄の心 平和への祈り』
14曲どの曲もいいが特に〔白百合の花が咲く頃〕〔涙そうそう〕〔あなたに〕〔てぃんさぐぬ花〕〔千の風になって〕〔我した村〕〔青い空っていいな〕〔Believe〕〔ひとつだけの命〕がいいですね。
クラシックのテノール歌手が歌曲を謳い上げる…といった歌唱法ではなく歌唱法の基本はそうかもしれないがもっと軽い仕上がりになっており素直な発声が大変聴きやすい。バックの多くを軽音楽風(ギター・三線・パーカッション等)での楽器が受け持っているのもとっつきやすい。

『クミコベスト:わが麗しき恋物語』
クミコさん独特の語り掛けシャンソンが素晴らしい。20周年記念ベスト盤として力の入ったCDである。

今日は残りの第2弾タンゴCD3枚が届く予定、楽しみである。

今日から月曜日まで4連休。
今月はまともに休んだのは2日だけだからネ、やっと休める態勢がとれるようになった。
今日は昼に『中華料理教室』、夜は『地車保存会』の総会と春祭り成功に向けての決起集会。
夜は『愛蓮』での総会だから、今日の昼ごはん・晩ごはんとも中華になる。
明日は朝7時過ぎに出かけ西落合への訪問演奏。
明後日はOMSの練習日。
従って4連休でゆっくり出来るのは月曜日だけ。

今日届くCD3枚は月曜日にゆっくり聴くとしますか。
[PR]

by sammy1947 | 2006-04-21 10:34 | 音楽 | Comments(0)  

【クローズアップ現代】

昨晩のNHK国谷裕子さんの『クローズアップ現代』見ましたか?
団塊の世代と言われる世代、多くの人たちが音楽に向き始めている。
<フォーク酒場>が次々とオープンされ、そこでは50代半ば過ぎのオジさんたちが集まりギターを手にステージで弾き語りを披露。
懐かしいフォークもあれば、自作のオリジナルを発表、そんな場に人々は集いはじめている。

団塊の世代の定年退職問題・・・、大きなうねりとなって社会問題化してきている。
来年以降、3・4年で、およそ1千万人が職を離れていく。
これは誰が見たって大問題である、その現実がもう目の前に来ている。
退職金問題、年金問題、退職後の職探し等々・・・は、さておき。

昨晩の番組では「退職対象の85%が、定年後の生活にワクワクしている」と言っていた。
ボクの予想はいい方に大ハズレ!
ここ数年、事あるごとに、我々の先輩世代の動向を大きな興味を持って、メディアのレポート、知人の先輩、近所の井戸端会議などで目にし、耳にしてきた。
知人の先輩の方々の各方面での活躍以外は、どちらかというと暗い話が多かった。
代表的な言葉が〔濡れ落ち葉〕。
仕事をリタイアして、生きる目標を見失い、何をするとも無く自宅に引きこもる。
二人に一人以上が、退職後そんな生活を過ごしているという。
旦那が会社に全てを投げ打っている傍ら、女房族はネットワークを作り上げ大いに人生を謳歌する下地を作り上げている。
何というギャップ。
二人に一人以上がそんなんとは・・・・・。

ところがところがである、わが団塊の世代はそんなんじゃぁなかったって統計が出た!
85%が退職後を心待ちにしている、素晴らしいことではないか。
完全な会社人間ではなかったってことの証明だね。
歯車の一つにはなっているフリはしていたかも知れないけれど、決して歯車にはなりきっていなかったってこと。
団塊の仲間は結構やるじゃん。
趣味の世界を楽しむ、地域活動に参画する、ボランティアに参加する、新たな気持ちで仕事にチャレンジする・・・いくらでも楽しむ方法は知っているよ、と言わんばかりの勢いのようだ。

これからの数年は日本は面白いことになると思う。
ひょっとしたら、近年のおぞましい凶悪犯罪も減る方向にも行くかも、考えも及ばない多くの人間が時間たっぷりに、地域活動、ボランティアに進出していけば、犯罪の抑止にも知らず知らず一役買っている・・・なんてことにも期待が持てそうである。

団塊の世代の勢いが続いている間に、それから後その世代が介護される方に回る時代のこともゆめゆめ忘れないように、ご同輩方!頑張りまっしょい。

ゆりかごから墓場まで『団塊の世代』は、良くも悪くも注目の的ですよ!
[PR]

by sammy1947 | 2006-04-20 10:17 | ツレヅレ | Comments(0)  

【最近気になっていた曲】

この2・3週間気になっていた曲がもう1曲ある。
TVで民放を何気なく見ていると、コマーシャルでよく耳にしていた。
一度二度・・・三度と耳にしていくに連れ気になり始めた。
ボクの琴線を捉えたのですね。
男性ヴォーカル、歌が特に上手い訳でもないけれど、個性的な歌唱法、テンポ・リズムの取り方が素晴らしい、それ以上にメロディも素晴らしい、歌詞も個性的でユニーク。

♪~ヒマラヤほどの消しゴムひとつ~楽しい事をたくさんしたい~ミサイルほどのペンを片手におもしろい事をたくさんしたい~♪

こんな時こそ、本当に便利なものがPCである。
この曲を起用した飲料メーカーのHPにアクセスし一気に解決。
飲料メーカーは「アサヒ飲料」、商品は「百年ブラックのWONDA」缶コーヒー。
クリックを続ける内に、曲に辿り着いた。
CFのデモテープまで確認できる、「そや、この曲や!」。
リードヴォーカルを努める甲本ヒロト率いる《ザ・ブルーハーツ》というロックユニット。
曲名は「1001のバイオリン」。

ここまで分かれば、あとはHMVかAMAZONである。
この曲が収録されているアルバム《EAST AND WEST SIDE STORY》までアクセスしたが、注文クリックのところでハタと人差し指は止まった。
「待てよ、ブルーハーツゆうたら娘がCD持ってるかもわからんな」。
今はレゲエにはまっている娘であるが、昔買った中に有りや無しやを訊ねるとバージョン違いで持っていた。
曲名は「1000のバイオリン」・・・、この曲名の1000と1001との1番違いって何なんやろ?
そのCDを聴いて直ぐに解った。
百年ブラックのCFソングはロックユニットのバックにバイオリンの弦楽が鳴っていたのである。
1000の方は4人のエレキユニットのオリジナル演奏。
少々感じは違うがこれでOKにしといた。
CFではバイオリンがバックにあったためより耳に残ったということかも知れない。

ジャンルを問わず、好きな曲に出会うのはホント嬉しく楽しいことです。
[PR]

by Sammy1947 | 2006-04-17 12:12 | 音楽 | Comments(0)  

【最近めっきりクラシックが・・・】

先の記事で、「白い百合の花咲く頃」を掲載した後、どうにもこの曲が聴きたくなり例によって昨晩ネット通販にアクセスした。
と言うよりその前に、曲名で検索してみようと試みると数は少なかったが、ボクに似たり寄ったりの記事が数件目に付いた。
同じようにこの曲に心惹かれている人が居るものだと親しみを覚えた。
HMVに繋ぎ早速新垣勉さんのCD『命(ぬち)どぅ宝-沖縄の心 平和への祈り』を代引き注文した。
f0079343_22415979.jpg収録されている曲は次の通り。
1 白百合の花が咲く頃 2 涙そうそう 3 あなたに 4 てぃんさぐぬ花 5 えんどうの花 6 ふるさとの雨 7 千の風になって 8 我した村 9 風に吹かれて Blowin' In The Wind 10 死んだ男の残したものは 11 平和のための祈り 12 青い空っていいな 13 Believe 14 ひとつだけの命
この中で知っていた曲は2番、4番、9番、13番の4曲。
中でも13番の「Believe」は、杉本竜一作曲のNHKTV「生きもの地球紀行」のテーマ音楽で、EHが結成された年に、NHKで放送されておりお気に入りの曲だったので番組から録音し、メロディを採譜して覚束ないアレンジに苦労し初期のメンバー7名で弾いてもらったのが懐かしい思い出になっている。

それにしても1曲を聴きたいがために、いかに多くのアルバムCDを購入していることか。
CD1枚だけの注文は何か寂しいので、これも先週金曜日の昼NHKで出演していた『クミコ』さんの20周年記念アルバム『クミコベスト:わが麗しき恋物語』も注文しておいた。
f0079343_2243253.jpg収録曲は、 1 わが麗しき恋物語 2 幽霊 3 もう森へなんか行かない 4 愛の追憶 5 接吻 6 願い 7 こころ 8 一本の鉛筆 9 わたしは青空 10 さいごの抱擁 11 愛の讃歌 12 ラストダンスは私に 13 さよならを 私から 14 人生のメリーゴーランド 15 Unknown Trip [ボーナス・トラック] 16 バイバイ・リバイバル [ボーナス・トラック]。
クミコさんも7・8年前の冬のTVコマーシャルで「ハウス食品」のスープのコマーシャルソング「お帰りなさい」ですっかりお気に入りとなり、当時心斎橋パルコのライブハウス「クアトロ・・だったかな?」まで聴きに行き、この曲が歌われるのをワクワクして待っていたのも懐かしい思い出である。
その彼女が歌手生活20周年を記念して発売したCDを、新垣勉さんとのカップリングで2枚注文した。
今週届くのが楽しみである。

そして今日、久し振りに本を買おうと、これも以前TVで藤原 正彦さんが出演されているのを見て納得至極の話を聞かせてもらった、その著書『国家の品格』をAMAZONにネット注文した。
本一冊ではこれまた寂しいので前から気になっていたCD3枚を注文した。
1枚は "ベスト・オブ・コンチネンタル・タンゴ"、もう1枚は "ベスト・オブ・アルゼンチン・タンゴ"、3枚目は"タンゴ・オムニバス"。

f0079343_22441324.jpg《コンチネンタル》には次のような曲が・・・1.ジェラシー 2.オレ・グァッパ 3.碧空 4.奥様お手をどうぞ 5.オー・ドンナ・クララ 6.小さな喫茶店 7.イタリーの庭 8.モンテカルロの一夜 9.夜のタンゴ 10.ヴィオレッタに捧げし歌 11.真珠採り 12.夢のタンゴ 13.小雨降る道 14.バラのタンゴ 15.夜のヴァイオリン 16.黒い瞳 17.黒き汝が瞳 18.月下の蘭 19.ブルー・タンゴ 20.ポエマ
如何です?この5年間に演奏した曲が何曲も散りばめられているでしょう。
昨年だったか、EH会計にこのCDの購入を頼んだことがあったけれど、残念ながら却下されとうとう自分での購入となった。

f0079343_22444083.jpg《アルゼンチン》には・・・1.エル・チョクロ(フアン・ダリエンソ楽団) 2.ラ・クンパルシータ(ロス・セニョーレス・デル・タンゴ) 3.淡き光に(早川真平とオルケスタ・ティピカ東京) 4.パリのカナロ(パケ・バイレン・ロス・ムチャーチョス) 5.夜明け(フアン・カルロス・カビエージョ四重奏団) 6.ドン・フアン(カルロス・ディ・サルリ楽団) 7.バンドネオンの嘆き(ドミンゴ・フェデリコ五重奏団) 8.最後の盃(早川真平とオルケスタ・ティピカ東京,歌:阿保郁夫) 9.ガウチョの嘆き(歌:ビルヒニア・ルーケ,オマール・バレンテ楽団) 10.ラ・カチーラ(アルマンド・ポンティエル楽団) 11.想い出(アニバル・トロイロ楽団) 12.首の差で(ポル・ウナ・カベサ)(歌:ロベルト・ゴジェネチェ,アティリオ・スタンポーネ楽団) 13.マドレセルバ(歌:スシィ・レイバ,ビクトル・ブチーノ楽団) 14.ボエド(トリオ・フェデリコ=ベリンジェリ) 15.チケ(アストル・ピアソラ五重奏団) 16.秋のテーマ(エンリケ・フランチーニ楽団) 17.レスポンソ(指揮:ラウル・ガレーロ,オルケスタ・ティピカ・ポルテーニャ) 18.ブエノスアイレスの夏(バッファ=ベリンジェリ楽団) 19.来るべきもの(セステート・タンゴ) 20.アディオス・ノニーノ(オスバルド・ピーロ楽団)
この中では、20番の『アディオス・ノニーノ』が大のお気に入り・・・作曲者のアストル・ピアソラが父の想い出を曲にしたもの、哀愁漂う彼独特のメロディに泣かされます。

f0079343_1841620.jpg《タンゴ・オムニバス》1.ラ・クンパルシータ(フランシスコ・カナロ楽団) 2.エル・チョクロ(ピリンチョ五重奏団) 3.フェリシア(フロリンド・サッソーネ楽団) 4.バンドネオンの嘆き(アニバル・トロイロ楽団) 5.アディオス・ムチャーチョス(さらば友よ)(オスヴァルド・フレセド楽団) 6.ジーラ・ジーラ(藤沢嵐子,ミゲル・カロー楽団) 7.淡き光に(アルフレド・デ・アンジェリス楽団) 8.夜明け(ロベルト・フィルポ新四重奏団) 9.カミニート(カルロス・ガルデル,ギター伴奏) 10.エントレリオスの人(ロドルフォ・ビアジ楽団) 11.ロドリゲス・ペーニャ(フアン・カンバレリ四重奏団) 12.パリのカナロ(エクトル・バレーラ楽団) 13.台風(ドン・フロリンド六重奏団) 14.七月九日(エンリケ・モラ四重奏団) 15.チケ(オスヴァルド・プグリエーセ楽団) 16.想い出(レクエルド)(フルビオ・サラマンカ楽団,アルマンド・ゲリコ,ルイス・コレア) 17.悪い仲間(マラ・フンタ)(ホセ・バッソ楽団) 18.さらば草原よ(カルロス・ガルシーア楽団) 19.タンゲーラ(タンゴ好きのお嬢さん)(マリアーノ・モーレス・モダン・リズム六重奏団) 20.アディオス・ノニーノ(セステート・マジョール) 21.リベルタンゴ(レオポルド・フェデリコ楽団)
このCDの中で特筆は、2番:レガースのママのバンドネオンでデュオをしたなぁ、14番:六甲の焼き鳥屋さんでマスターにヴァイオリンソロを聴かせてもらったり、muglaと合わせたりしたなぁ(洋名はヌエベ・デ・フリオ)、19番:OMSのベースチーフのPCネームは“タンゲーラ”だったよなぁ、などなどその他にも楽しそうな曲が一杯詰まっています。

こんな調子で最近めっきりクラシックを聴くことが減ってしまっている。
[PR]

by Sammy1947 | 2006-04-16 22:45 | 音楽 | Comments(0)