市 栗42

昨日(1/31)、「市栗」42回目の練習日だった。

午後1時過ぎから午後5時前まで。

弾いた曲は全部で12曲。

考えてみると、練習のジャンルが三つに区分できることが判ってきた。

①ピアノ譜→TwinGuitar譜の「市栗用アレンジ曲」
これ等は、二人で練習しながら細部に亘って「この部分は弾かないで、音質重視にしよう」とか「この装飾音符はこうじゃないか?」とか、色々と打ち合わせをしながら進めていく。

②OMSスコア譜→TwinGuitar譜「市栗用にアレンジ」
スコア以外に小節を足して、TwinGuitar譜として面白くなるよう考えて演奏していく。

③「市栗JAZZ」譜
リードシート譜+Adlibsolo(A4、2ページで1曲)の8曲。
これ等は、1ページ目のリードシート譜はそんなに難しくはないけれど、コード奏法を覚えていかねばならない。
今までのギター人生から脱却したコード演奏法を身体に叩き込んで行く必要があり、尚且つAdolibsoloに至ってはJAZZの雰囲気を少しでも醸し出せるようになるには大きな壁が立ちはだかってくる。
ジャズギタープレーヤーの多くの演奏をYouTubeなりで聴くことも大事な要素である。

以上、このように大きく分けて三つのジャンルの演奏を今年は続けていきたい。


昨年に続き、子供たちの福祉施設からのオファーが入り、第2回目となる「卒室式」のお祝い演奏に行くことになった。
3月の第4日曜日の本番までに選曲して、そこに向けての練習も始まっていく。






[PR]

by Sammy1947 | 2017-02-01 07:39 | 音楽 | Comments(0)  

<< 市 栗43 市 栗41 >>