【喫茶『連』LIVE】

今日はまともな梅雨日和って言うのも変?
会館出勤後、いきなり大雨、濡れなくてよかった。
その後、薄日がさしたと思えばまたまたどしゃぶり・・・。

Johan、RichardとのJR六甲道駅の待ち合わせに会館を出たのが17:20。
15分ほどの道すがら何とか傘を差さずに駅に到着。
そんなに待つことも無く二人も到着した。
駅からLIVE会場の喫茶まで歩いて直ぐのところである。
今日のLIVEを教えていただいた先輩のUedaお姉さまから「LIVEは19:30からだけど直ぐ満員になるので19:00くらいにはお店に入ってネ、それまでに夕食も済ませておいた方がいいよ」と、ご親切に言っていただいた。
先輩の言われることには従順で、3人で喫茶近くの<お好み焼き屋>に入り、焼きそばと生中を頼んだ。

【喫茶『連』LIVE音出し】
喫茶に入店したのが、18:30だった。
言われていたより少々早目の入店だったので、好きなテーブルを選ぶ余裕もあった。
LIVE開始まで1時間もある。
付き出し(さやえんどうの胡麻和え・クラッカー・おから)にバーボンの水割りでグダグダ喋っていると、まもなくUedaお姉さまもお姉さまと二人でご来店なさった。
先輩とご挨拶を交わし、本日出演のデキシーランドジャズのベースマン(実はこの方、ボクの近所の方である、こんな方が近所におられたとは、ホントに歩いて数十歩の近所なのである)、人気の伯父さんのウォッシュボードの方たちと、ユニット編成の話などをしていると、徐々に本日出演のメンバーさんも全員揃ってきた。
まもなく本番と言うのに、ジャズメンらしく皆さん砕けた雰囲気がなおいい。
最後にこれまた一応KGMC出身の1年先輩の今ではジャズバンジョーに傾倒されているH川さんが登場(仕事が忙しかったらしくギリギリの到着)。
バンジョー・クラリネット・トロンボーン・ピアノ・ドラムス・ウォッシュボード・ウッドベースの7人の楽器編成である。
バンジョー登場と同時に、デキシーは始った。
〔ハロー・ドーリー〕〔フライ・ミー・ツー・ザ・ムーン〕〔オール・オブ・ミー〕などお馴染みの曲を次から次へと演奏されていった。
殆ど譜面も見ずに手馴れた演奏の数々、楽しかった。
ノリが命のこのジャンルの音楽、生き生きとした楽しさが堪らない。
モチロン、私たちのように譜面が命のような音楽もまた違った良さはあるのですよ。
ウーン、でもやっぱりこっちの方が楽しさでは勝ってるよな、残念ながら・・・。
マンドリンアンサンブルでこんな雰囲気を醸し出せるのは知ってる限りでは東京の「エレクトリック・チェア」くらいかなあ。
心底リズムを身体で体現できるようにならないと、この味は出せるものでもないよね。

今日のステージは、19:30、20:30、21:30の3回。
1ステージ35分で終わり、まだ仕事の残っているボクは他の二人と共にお店を後にした。
H川バンジョーさんに、今度は練習会場に寄せてもらうことを約束し、もう少し聴いていたい気持ちを抑え、今度は大雨の中会館への坂道を登って行った。
またまた楽しい時間を過ごせました。
[PR]

by Sammy1947 | 2006-07-05 23:01 | 音楽 | Comments(0)  

<< 【OMS練習7月第2週】 【KGMC 90th Anni... >>