市 栗38

昨日の月曜日、「市栗」38回目の練習をした。

スケジュールを振り返ると、

11/5(土)がEH演奏旅行直前の最終練習、
11/8(火)~10(木)が広島・米子演奏旅行
11/13(日)がOMS練習
11/14(月)が市栗TwinGuitar練習・・・と、10日間で6日の音楽漬けの贅沢な日々!

まるで仕事のよう。


で、昨日のTwinGuitar練習。

通常練習では、新しい試みの奏法の練習に充てる予定であったが、

12月11日のOMSクリスマスコンサートに向けての二人でのギターパート練習に切り替えた。


OMS指導者であり指揮者から決められた演奏曲は全部で20曲!

ぞっとするような曲数!

本番までの合奏練習は残すところ後1回である。

このままではいい加減な演奏になりかねないとパート練習にした次第。



13時半から17時15分、実質練習時間3時間半で20曲中の15曲まで弾き終えるのが精一杯であった。

まだ5曲を残しているし、パート練習を終えた15曲も間違えずに弾き切る保証も何もない。

いつものことながら指導者のアレンジされたギター譜はとても魅力のある譜面に仕上がっている。

音的に魅力あるということは、それを表現するに困難を伴うということ。

全ての曲に落とし穴が潜んでいる。

一見簡単な曲といえども同様である。


音符を正確に捉えようとすれば、思いこみで見ていた時には発見できなかった音符が書かれている。

であるから、今回の精度を上げる練習では中々前に進んでいかなかった。

その分、本当にいい練習をすることが出来て良かった。

あと一回の合奏練習(通常3時間)で全パートが果たしてレベルまで仕上がるのかなあって考えてしまう。

「市」と二人、ミスを極力無くすよう臨んでいきたいと思っている。




[PR]

by Sammy1947 | 2016-11-15 10:11 | 音楽 | Comments(0)  

<< 我楽多audioまた+・・・+ 市 栗37 >>