今日の2枚

昨日買ったばかりの1枚を聴いた。

3分サイズの短い曲が10曲ばかり。

何曲かは知っている曲。

「The Best of Wes Montgomery」(guitar)
f0079343_11223512.jpg


CDに慣れ親しんだ現代にとって、

12インチアナログ盤の「ジャケット」にしても、「盤」そのものにしても圧倒的迫力を感じる。

CDの音質がいいのは当たり前の感覚に麻痺している今、

レコードはそうはいかない。

聴きたい曲でも、録音の悪いもの、

その逆も然り、

聴きたい曲であり、高音質ってのもある。

言ってみれば「当たりハズレがある」のである。

費用を掛ける以上、絶対に高品質でなければダメという世界ではないように思う。

そのような不自由さ、面倒臭さが、アナログの世界にはある。

「損得」では割り切れない。

であるからこそ、大きなジャケットから盤を出しレコード針がトレースを始めるまでの作業そのものがワクワク感であり、CDでは味わうことの出来ない大切な時間帯でもある。
f0079343_11415091.jpg


面倒臭さ故、聴こうという気にならない限りターンテーブルを回す行為には至らない。

その作業が無く、即音出し可能なCDはBGMとしても便利であり簡単であり、積極的聴き方・消極的聴き方とレコードに比べ広い対応ができる。

今日はCD?

今日はアナログ盤?

・・・どちらも面白い!



今日の2枚目

「The Individualism Gil Evans」(piano)
f0079343_16281231.jpg


今日はアナログデー。
そして2枚ともStereo盤だった。
f0079343_1629711.jpg

[PR]

by Sammy1947 | 2015-11-26 11:43 | 音楽 | Comments(0)  

<< 市 栗15 今日の9枚 >>