懐かしい思い出話を一つ

人生最初の『ステレオ』
Sansui aps1400(1969)
畳1畳を占有するくらいの大きなものでした。
価格は今でもハッキリと憶えています、C十F万E千円でした。

難波電気街、日本橋「モリヤ電器」でオフクロを連れて買いに(買ってもらいに)出掛けました。
昭和44年(1969年)のことです。

KGMCのE年を迎えた年になります。

この年、ギターのサブチーフになることが決まり、
それまでクラブで弾いていたギター(YAMAHAダイナミックギター)ではマンドリン合奏には合わないことが解っていたので、オフクロに楽器の購入をねだろうと考えていたのです。

当時ムスケ先輩が弾いておられた「田村ギター」が、兎にも角にも素晴らしいギターで憧れていました。
高知のギター工房「田村満」さんの手工ギターです。
人気のギターだったのでしょう、先輩の多くが使用していました。
中でも取り分けムスケ先輩の楽器は素晴らしい音色で良く鳴っていました。
モチロン技術の裏付けもありました。

その頃の僕は二つ欲しいものがあって、
一つは手工ギター、もう一つはステレオです。

二つともおねだり出来るような環境ではなかったので、ずいぶん考えました。

ギターはG万も出せばかなりのクラスのものが買える。

欲しいステレオは上述のようにC十万超えです。

ギターを諦め、ステレオを買ってもらうことに決めました。

勝手な理由付けは、「ステレオの方が色々な音楽の勉強ができる」というものです。
ギターはボクがE年になる年は、ムスケ先輩が卒業される年、「よっしゃ!ムスケ先輩に二年間ギターを拝借することをお願いしよう」・・と。

そのどちらもが想い通り描いたように話しは進みました。

かくして当時最高級クラスと言ってもいい人生初ステレオを手にすることが出来ました。
今振り返ればよくもこのようにスゴイものを買ってくれたものだと頭の下がる思いです。
初任給がE万~F万の頃のお話しですからね・・・。

このステレオは、36歳になるまで使い続けました。

自宅の新築時に、親戚に譲りました。

今になって大変懐かしく思い出されるステレオであります。

ネットで画像を探すと、ありました。

それがこのステレオです。
f0079343_752469.jpg
本当に懐かしいです!!

これでどれだけ多くの音楽を聴いたことか、どれだけ多くのラジオ放送を聴いたことか。

毎日、新聞のラジオ欄で特にクラシック番組をチェックし出来るだけ聴くようにしていました。

何を聴いたのか、克明に手帳に書き込んでいったのを憶えています。

学生時代の最後の二年間、それは膨大な数になりました。

現代のようにボタン一つで好きなときに好きな音楽をどこででも聴ける・・・、あの頃は色々と考え組み立てて行動を起こし目的に迫るといった時代でした。

手間は掛かるけれども、それが叶ったときの達成感は大きいものでした。

いい時代でしたね。

※ムスケ先輩の田村ギターの後日談
数年前にムスケ先輩に連絡を取り、
「もし今、あのギターを使われていないようなら、譲ってもらえませんか」と電話を入れたことがあります。
僕にとっても思い入れの深い楽器ですからね。
一言で言われました「アカン、まだ弾いているから」・・・・。

次回はもう一つ懐かしい話し、人生初Jazzのお話しを語ろうかなって思います。
中学生の頃のお話し・・・。
[PR]

by Sammy1947 | 2015-06-19 07:52 | オーディオ | Comments(1)  

Commented by ミッチャン at 2015-06-20 13:08 x
Sansui aps1400(1969)は、
海外にもコアなファンをもつ、あの『山水電気』のオーディオ!
あたたかい音のするアナログ・ステレオは、ぼくも好きです。
レザー張りの重厚なイスに座り、コーヒーの香りに包まれながら
ゆっくりと音楽を楽しむ……。そんな大人のアイテムですね。

<< 人生初Jazz 早朝の1本 >>