ケースを開けてガッカリ!


この半年

マンドリン合奏で使っているクラシックギター2本が・・・

ケースを開ける度に、5弦のA線が切れている。

ボクの弦交換は、基本的に6本全て同時交換が原則。

これはこの20年間守ってきていることです。

そのために弦セットの数セットをスペアとして、いつも置いてます。


ただこの半年、A線の持ちが悪いことで、一本のみの交換をすることにしました。

それは新弦セットの1本を使うことで、A線だけが無くなっていってしまうことに・・。

セット弦がセットでなくなっていってました。


もう仕方がないから、バラ弦を注文。

A線ばかり、8本をネット購入。


そしたら今度は4弦のD線が同じことになってきました。

それで昨日D線のバラ弦を注文。

今日届きました。


ケースを開ければこんな状態に
f0079343_19331633.jpg
ガッカリです。

弦交換は面倒くさくて嫌いな作業ですが、換えないことには弾けない。
f0079343_19344596.jpg


今から交換です。
[PR]

by Sammy1947 | 2015-04-17 19:35 | 音楽 | Comments(1)  

Commented by みっちゃん at 2015-04-19 12:09 x
以前にGutreeを弾けていた時、
Bright近くで弦が切れた時には、
弦のTopとTileをさかさまにして楽器を弾き続けていました。
それが正しいとは考えてないので、
この手段は自己責任でございます。

<< おっちゃんブラリ第6弾! キュウリ、昨年は4/28 >>