エレアコに改造しました

一昨日も本番(地域会合忘年会での依頼演奏)で使っていたアコースティックギター(K・Country)を、エレアコ仕様(PUの取付け)に改造いたしました。
レッスンに通っている楽器屋さんに取り付けてもらいました。

ボディ内の右上に、電池収納がされています。
f0079343_2128750.jpg


ボディサウンドホール上側にボリューム・トーンダイヤルが取り付けられました。
f0079343_2129011.jpg


f0079343_21292943.jpg


f0079343_21295181.jpg


ボディ内の配線です。
f0079343_21304010.jpg


エンドピンをアンプに繋げるエンドピンジャックに換えました。
f0079343_21311414.jpg
これで出来上がりました。
先生に、弦交換をしないとダメですね・・と、痛いところを指摘されてしまいました。
ついつい面倒臭くて後回しになっていました、ギターを持ち帰った当日に早速新弦に交換いたしました。


ポータブルレコーダーを入手しました。
Victorののレコーダーです。
f0079343_21314850.jpg

機械に弱い者に取って扱いやすい機種です。

まず押し釦類が日本語表示であること。
チューナー(目視だけでなく音も出ます)・メトロノーム機能が付いていること。
小さいながらスピーカーも付いていること。
伴奏ギターを録音後に重ね録音でメロディも録音できて、次にパーカッション等・・と、最大10回まで重ねることができます。
これによって独りで様々なパートを重ねて1曲を仕上げることができます。
レコーダーのネーミングがいいです、『レッスンマスター』LM3(LessonMaster)。
取扱説明書の字が大きくて読みやすいです。

早速、今日のギターレッスンに持参して、第1曲目としてTaichi先生に重ね録音で見本を入れてもらいました。
曲名は“Hula Girl”
先にアルペジオを中心とした伴奏パートを録音。
そしてメロディパートを重ねてもらいました。
メロディもテーマとアドリブ両方を演奏してもらいました。

独りで仕上げた先生の“Hula Girl”、とても心地よい曲に仕上げてもらいました。
本当に素晴らしいです。

これを使いこなし、腕も上げていかなければ・・・。
[PR]

by Sammy1947 | 2011-12-12 21:33 | 音楽 | Comments(0)  

<< 感動のコンサート AMP >>