Fried Pride 10th Anniversary

昨晩(昨夕)は、合奏団で親しくしていただいている先輩のお誘いで当記事タイトルのLIVEに行ってきました。

この先輩にご一緒しての、このジャズユニットのLIVEは三回目。

いつも望外の満足感を得て帰途に着くことができるユニットです。

結成10周年、いつものライブハウスとは違い今回は「梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ」での公演でした。

記念LIVEということもあり、スペシャルゲストに「宇崎竜童」さん、そして「押尾コータロー」さん。

熱狂的なファンも多く駆けつけて来ていました。
もちろん我が先輩もその一人・・・。

ジャズシンガーのShihoちゃんと超絶技巧のジャズギタリストの横ちゃんのデュオユニットです。
音楽はムロン、衣装・ステージスタイルも洗練されたお洒落なユニットです。

Shiho流独特の歌いまわしも(MCも)もちろんとても素敵なのですが、ボクの目当てはいつもながらの横ちゃんのギター・・・。

凄いギターテクニックをベースに、彼独特の「リズム」に特化したスゴイ演奏を繰り広げてくれます。
あのリズム感!・・スゴ過ぎます。

いつも二本のギターを使い分けています。
一本はナイロン弦のエレアコ、もう一本は虎杢目も見事なエレキギター。
右手のどの指も縦横無尽に動き回っていますが、特に親指が目を惹きます。
親指のベースラインに見事なシンコペでのコードをはめ込みワクワクさせてくれます。
オマケに爪・手の平の腹での打楽器にもギターを変身させます。
その全てのテクニックを駆使し曲はどんどん進行・・、見て楽しく聴いてノセられ・・いい時間を演出してくれます。

15周年・20周年とどんどん進化していって欲しい、応援したいこのデュオユニット・・・これからも見逃せません!
[PR]

by Sammy1947 | 2009-02-01 09:52 | 音楽 | Comments(0)  

<< アコースティックギターレッスン 新年初レッスン >>